水草

パールグラスをCO2添加無しで育成してみた結果

更新日:

パールグラスは水草レイアウトでも使用頻度が高い人気の有茎草です。

半透明の緑と星型のような草の形がかわいらしく定番の有茎草とも言えますが育成に関してはCO2添加が必須と言われています。

ただ私はパールグラスをCO2添加無しで育成したことが何度もあり、パールグラスの育成のポイントなどを経験を交えて紹介したいと思います。

パールグラスをCO2無しで育成

水槽:オーバル25(10リットル弱)
低床:コントロソイル
照明:20ワット蛍光灯
ろ過:無し
生体:エンドラーズ(10匹くらい)

この時はメイン水槽のトリミングで余ったパールグラスを無造作にオーバルの中に入れていました。

最初からこんなに量があったわけでは無く最初はこの1/10くらいの量でしたが、この環境下でもごらんの量くらいに育ちました。

▲冬はシートヒーターを引き水温を18度くらいに保っていたら大丈夫でした。この時既に少なくとも1年以上は経過していましたやっていたことは二週間に1回程度の水換えのみで追肥も基本無しでしたがバランスが取れていることが実感出来た水槽でした。

 

▲CO2添加していたメイン水槽。水槽全体がパールグラスで覆われてしまう程、繁茂しました。好環境だと物凄いスピードで増えるので管理が大変です。この時は週1回はトリミングしていたと思います。

パールグラスの育成ポイント

硬度が多少あった方がいい

硬度が無くては全く育たないというよりはあった方が育てやすいです。そのため砂利系の低床でも養分さえ確保出来れば育成が可能です。

新品のソイルに入れない

上の硬度の問題とも関係があるのですがパールグラスは環境の急変に弱い側面があり新品のソイルに入れると結構な確率で溶けてしまいます。ソイルでの育成は可能ですがある程度使い込んだソイルに入れると溶けてしまう問題は避けられます。

あとは水換え頻度をかなり高めにすると新品のソイルでも溶ける確率を下げられます。

ミスト式もオススメ

ミスト式で水上葉の状態から育成すると新品のソイルでも問題無く、またボリュームも殖やしやすいのでCO2無しでもこんもりした緑の茂みを作ることが出来ると思います。

ミスト式とは↓

最近流行の水槽立ち上げ方法「ミスト式」とは何かを解説

ここ数年のことですが水槽の立ち上げに「ミスト式」という方法が多くの人によって取られています。そこで今 ...

パールグラスの良いところ

トリミングに強い

生長が速いのでそれだけトリミングをする機会も多い水草ですがトリミングによって調子を崩すことも無く繰り替えしのトリミングにも耐えるので長期維持が可能です。

下葉が枯れにくい

密生しながら育つ有茎草は光が当たらない下部が枯れてしまうという側面がありますがパールグラスは下葉が枯れにくく水草が浮いてしまう(通称バッコン)ことも無いです。

這うように育つ

前にスペースがあればパールグラスは這うように育ちますの(特に高光量下)で後景草の根元を隠したり流木や石の周りに生やすことによって自然観を演出出来ます。

パールグラスをCO2添加有り無し両方で育ててみた感想

CO2添加をすると気泡を良く付け密生度が高い緑の茂みを簡単に作ることが出来ます。

レイアウトでパールグラスと良く似た役割を果たす水草にグリーンロタラがありますがパールグラスはグリーンロタラより茎や葉が繊細なので小型水槽でも使いやすく育成も格段に容易だと思います(個人的経験)。

CO2無しだと脇芽を出しにくくなるので密生度は低くなりますが、それでもある程度の茂みを作ることは可能です。CO2無しでこのような緑の茂みを作れる水草はパールグラス以外には中々ないのが現状でCO2無しでも水草レイアウトに挑戦出来る水草だと思います。


チャームで上記画像の詳細を見る

-水草

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.