熱帯魚

水槽内で群泳するオススメ熱帯魚リスト

更新日:

群泳とは読んで字の如く集団で群れて泳ぐことで、アクアリウムでは小型熱帯魚の郡泳が魅力の一つとして挙げられると思います。

宝石のような体色の熱帯魚が水槽内で群れて泳ぐ姿は非常に優雅で群泳を促すために工夫をしているアクアリストもいます。

基本的にはどの魚も外敵が居ない水槽内だと群れを崩しやすい傾向があるのですが、その中でも群泳をしやすい熱帯魚達をまとめましたので参考にして下さい。

グリーンネオンテトラ


チャームで詳細を見る

ネオンテトラ、カージナルテトラ、グリーンネオンテトラは外見が似ていて、みな定番の熱帯魚達ですが、どの種が一番群れやすいと言うと個人的には性格が一番臆病で体もカージナルよりは少し小さいことからグリーンネオンが一番群れやすいのではないかと思い今回のリストに加えました。

と言ってもカージナルとそこまで差があるかというと微妙なところなので好きな方を選んで問題ないです。ネオンテトラはカージナルとグリーンネオンより個別に泳ぐ傾向があります。

ラミーノーズテトラ


チャームで詳細を見る

鼻が赤く染まるカラシン(テトラ系)の仲間です。カラシンの中では一番群れやすい部類だと思いますので何としても郡泳が見たい!という方にはオススメです。

飼育もしやすく、定番種なのでお店にも置いてる確率が高いです。外見が気に入れば是非。

レッドテトラ


チャームで詳細を見る

ファイアーテトラとも言われ赤い体色を帯びた小型熱帯魚です。赤というよりも朱色という表現の方が正確かもしれませんが、この魚も丈夫で綺麗な熱帯魚の代表的な種の一つと言えます。

カラシンの仲間の中でも小型で最大でも2.5cm程度にしかなりません。飼い込んでいくと色が段々と濃くなっていくので育成しがいのある熱帯魚ですが、その割に安価で販売されており水槽には多めに入れると見応えのある郡泳を見せてくれます。

ペンギンテトラ


チャームで詳細を見る

ブラジル原産のカラシンの仲間で体の中心から尾びれにかけて黒いラインがペンギンを連想させるので、このような名前で売られています。

若干気性が荒めで最大で5cm程度まで成長するので混泳には少し注意が必要です。単独飼育の方が向いているかもしれません。またこの魚の泳ぎ方は体を斜めに傾けて、その場でピョンピョンとリズミカルに泳ぐので群れさせれば楽しい水景になること間違いなしです。

テトラオーロ


チャームで詳細を見る

ブラジルの小型カラシンでハステータステトラと呼ばれることもあります。一見地味に見えるかもしれませんが成長と共に背ビレが伸張し群れさすと優雅な景色になります。

性格も温和で水質にもうるさくないことから飼いやすい魚で他の方の水草レイアウトを見ていると意外に導入されている機会を目にします。なお泳ぐ場所は下層から中層が中心です。

ハチェット


チャームで詳細を見る

ハチェットの仲間は群れをなして上層を泳ぐ代表的な熱帯魚です。※画像はグラスハチェットです。

特徴的な胸ビレが手斧(hatchet)のように見えることから、この名前が付いています。一応これでもカラシンの仲間です。基本的にはどのハチェットも性格は温和で混泳に向いていますがジャンプをするので蓋をする必要があります。

また餌を食べるのが若干下手な傾向がありますが下層を泳ぐ魚と組み合わせれば、餌の食べ残しも無くなるので例えばコリドラスと一緒に飼うと楽しい水槽になるのではないかと思います。

ラスボラエスペイ


チャームで詳細を見る

コイ科の小型熱帯魚と言えばこの魚と言えるくらい定番の魚です。体の中心のオレンジは非常に水草に合うことからレイアウトで使用される頻度も高い熱帯魚です。

基本的には丈夫で飼い易く、またこの魚はカラシン達よりも環境に左右されず群泳を継続しやすい傾向があるので数を入れればまとまった姿を容易に見ることが出来ます。

ラスボラ・ヘテロモルファ


チャームで詳細を見る

ラスボラエスペイ良く似たコイ科の魚です。エスペイとの違いは体高がヘテロモルファの方があり少し大きいのと、オレンジ色が中心ではなく全体的に帯びていることが特徴です。

群泳のしやすさはラスボラエスペイと同様かなり良好です。また改良品種のブルータイプやゴールドタイプは非常に綺麗になので好みでそちらは選んでもいいと思います。

↓ヘテロモルファ・ゴールド

ミクロラスボラ・ブルーネオン

チャームで詳細を見る

体色がライムグリーンや青色に光る非常に美しい最大3cn程度のコイ科の熱帯魚です。照明の当たり具合で体がメタリックグリーンに光る瞬間が本当に美しく他の小型熱帯魚には無い美しさだと個人的には思います。

ミクロラスボラ・ブルーネオンは上層をかなり高速で泳ぐのが特徴でまとまった数を入れれば群れを作って水槽を左右に動き回ります。

なお飼育に関しては気をつけたいポイントがいくつかあり、まず上層を高速で泳ぐので蓋は必須です。また低phで新鮮な水を好むことから水質には若干うるさいタイプの熱帯魚と言えるでしょう。

トランスルーセント・グラスキャット


チャームで詳細を見る

トランスルーセント・グラスキャットは透明な体が目を惹くナマズの仲間の熱帯魚です。この魚は泳ぐというより中層付近に固まり留まっているようなイメージで水槽の主役にも、もってこいです。

注意点は多少大きくなるので(最大で8cm程度)エビや口に入るサイズの小型魚は食べられてしまう可能性があることです。

ネオンドワーフレインボー


チャームで詳細を見る

ネオンドワーフレインボーはレインボーフィッシュの中でも最もポピュラーな魚です。成魚は4~6cm程の中型魚の部類に入り遊泳性も高いので出来れば60cm以上の水槽で飼いたい魚です。

飼い込む程に体色が引き出される魚でメタリックブルーな体色と赤いヒレが非常に綺麗で群れて泳がせると壮観な眺めになります。

アフリカン・ランプアイ


チャームで詳細を見る

ランプアイはアフリカ地方のメダカの仲間で定番の熱帯魚としてお店で見る機会も多いと思います。

ランプアイは名前の通り目が青く光りますが群泳させてこそその魅力が発揮されますので、ある程度まとまった数を泳がせたいです。

また有茎草メインの明るいレイアウトよりもシダを多用した暗めの水景の方が青い目が綺麗に見えます。照明も青白いLEDで照らすとより青い目が引き立ちます。

コリドラス・パンダ


チャームで詳細を見る

コリドラス・パンダはコリドラスの中でも可愛いルックスで人気の種です。

またコリドラスの中でも特に群れやすい傾向がありますので水槽の主役になるコリドラスです。

水質の変化に弱い面がありますが一旦、環境に慣れてしまえば他のコリドラスと同様丈夫な部類の熱帯魚です。

コリドラス・ピグミー


チャームで詳細を見る

チビコリとも言われ超小型のコリドラスです。また他のコリドラスより遊泳性が高いので低床に留まるだけでなく中層も優雅に泳ぎます。

このコリドラスも群れて泳ぐ習性が強く単純に泳いでる姿がすごく可愛いのでオススメです。

コリドラス ハステータス

コリドラス ハステータス(約1.5cm)<3匹>[生体]

上で紹介したコリドラス・ピグミーと良く似た種のコリドラスです。ハステータスも小型なコリドラスで群れて中層付近を泳ぐことが多いです。

注意点は人工飼料の食い付きが若干悪い場合があるのと寿命が短め(長く生きて2年位)なことです。

群泳させやすい条件など

群泳する理由

群泳は基本的に外敵から自分の身を守る手段として行っている行動で群れて泳ぐことによって襲われにくく、また捕食されても他の魚は逃げることが出来るので熱帯魚だけでなく魚類全般にこのような習性があります。

ただ野生では群れて泳いでいても水槽内では基本的に捕食されることが無いため緊張感が解け単独で泳ぐ種類の方が多いのが現状です。また上で紹介した魚達は水槽に慣れた状態でも比較的群れやすい魚をまとめています。

群泳しやすい環境とは

開けたスペースを作る

そもそも泳ぐスペースが十分でないと群れて泳いではくれませんので最低でも60cm水槽で遊泳スペースを十分に取ったレイアウトにしてみましょう。

水流を付ける

魚は(種類にもよりますが)水流に向かって泳ぐ習性があるため魚が集まりやすい場所にフィルターの出水口を調整したり水中フィルターを追加して一定の水流を付けてあげるといいでしょう。

緊張感を与える魚を入れる

ある程度の体格差があると魚がいることで緊張感ができ群泳を促すことが出来ます。ただ気性の荒い魚を入れてしまうとストレスを与えるだけになってしまうので縄張り意識がありつつも気性自体は荒くない例えばラミレジィがオススメです。

-熱帯魚

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.