Tips 水草

アヌビアスナナを石や流木に活着させる方法

更新日:

今回はアヌビアスナナやミクロソリウム、ボルビティスなどの陰性水草を石や流木に巻きつける方法を紹介します。

いくつか方法がありますので自分に合った方法を選んでみて下さい。

下ごしらえ

まず水草の下ごしらえを行います。

ポットに入っている場合はウール(黄色い綿)を外し水草を良く水道水で洗います

この時にスネール等の害虫を持ち込まないように気をつけて下さい。

その後は長すぎる根を短くカットします。

根を短くカット

陰性水草をレイアウト素材につける方法

結束バンドを使用する

個人的に凄い楽なので気に入ってる方法です。

結束バンドは100均で購入出来ますが出来れば長くて細いタイプのものが使い易いです。

ビニールタイを使用する

こちらも定番な方法です。園芸用のビニールタイも100均で売っていると思います。

ADAではウッドタイトという名前で売っていますが石に使用しても大丈夫です。

こちらも巻きつけが非常に簡単なのでオススメです。

テグスを使用する

釣り用の透明なテグスを使うのも一般な方法かもしれません。100均にも売っていると思います。

使い方は茎に何週か巻いて結ぶだけです。けど石や流木の形状によっては結構巻きつけるのが難しく感じる時があります。

ちなみにウィローモスを巻きつける際に使用される木綿糸はアヌビアスナナ等に使うと水草がレイアウト素材に活着する前に溶けてしまう可能性があるのでオススメできません。

接着剤を使う


チャームで詳細を見る

最近良く使われる方法が接着剤を使用して瞬間的に強制して付けてしまうという方法。

市販の瞬間接着剤でも同じ効果を持ちますが上記の商品は水質に影響を与えないことを謳っているのでなるべく専用品を使った方が無難かなと思います。

すぐにくっつくので自分が付けたい位置に自由に水草を配置出来るので便利ですがデメリットはボンドが水中内で白く目立ってしまうこと。

水草が茂れば目立たなくなりますがポイントは接着剤の量を少なめに使うことです。

石や流木の隙間に挟む

石や流木に水草の茎を差し込めるスペースがあればそれだけで済む場合もあります。

上の画像は実際にミクロソリウムやボルビティスを石の間に入れただけですが活着してくれました。

まとめ オススメは結束バンドかビニールタイ

アヌビアスナナやミクロソリウムは自然に活着するまで長いと二ヶ月程度かかる場合もあります。

その間に仮止めしておくことが今回紹介した方法になりますが個人的に簡単だと感じるのは結束バンドかビニールタイを使用することです。

上記の水槽でも右下に一箇所だけ結束バンドを使用していますがそれ程目立っていないと思います。

活着してくれたら結束バンドはカットして取り除きます。

 

-Tips, 水草

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2019 All Rights Reserved.