Tips

最近流行の水槽立ち上げ方法「ミスト式」とは何かを解説

更新日:

ここ数年のことですが水槽の立ち上げに「ミスト式」という方法が多くの人によって取られています。そこで今回はミスト式とは何か具体的な手順、メリットなどを紹介したいと思います。

 

ミスト式とは?

ミスト式とは水槽を立ち上げる際に、水槽を満水にせずに、まずは水上葉の状態で水草を繁茂させ、ある程度成長させたタイミングで水槽に注水するという方法です。

この立ち上げ方法を広めたのはタナカカツキ氏という有名なレイアウター(本職は漫画家)の方で現在は多くのアクアリストがこのミスト式を立ち上げする際に採用しています。

タカナカツキ氏のブログ:http://seikasuisoubu.jugem.jp/?eid=443

ミスト式のメリット

ミスト式のメリットは色々あるのですが代表的なのは以下のようなことです。

立ち上げ初期の管理が楽

ソイルで立ち上げを行った際、水槽内が富栄養化するため多めの水換えを必要とします。しかしミスト式で立ち上げた場合は水上葉が初期の養分を吸い取って生長するため注水後の富栄養化を未然に防ぐことが出来ます。

ですので通常の立ち上げよりも水換えは少なくすみ、またコケ発生のリスクも抑えることが出来ます。要はトラブルが起きやすい立ち上げ初期を楽に乗り越えることが出来ます。

低床の傾斜を保つことが出来る

ソイルを角度をつけて盛った際、段々とソイルが雪崩れてしまうことが良くありますが、ミスト式で水草を繁茂させれば水草が土留めの役割をし傾斜を維持することが出来ます。傾斜を保つことはレイアウトの不出来に関わることなのでこれも大きなメリットじゃないかと思います。

水草が根付くことのメリット

ミスト式で水草を根付かせることによって、植栽した水草が浮いてきてしまうことを防ぎます。

また根を張った水上葉はスムーズに水中葉に移行しますので一旦、水上葉で繁茂させればレイアウトの完成も近いです。

モスの活着が楽

モスを石や流木に括り付ける際、通常は木綿糸やテグスを使用して仮止めしますが、ミスト式の場合は基本的には流木に乗せて放置するだけで活着します。

レイアウトの見直しが可能

水槽を立ち上げた後、石や流木の配置を変えたいなどレイアウトを調整したい場合、注水後だと低床が舞ってしまい難しい場合があります。

ミスト式だとそのような配置変えも比較的、楽に行えます。

 

ミスト式の立ち上げ方

それでは簡単ではありますが実際に私がミスト式で立ち上げた時の画像と共に手順等を紹介したいと思います。

①水上葉を植栽

この時に立ち上げたのは30キューブ水槽で流木を林立させたレイアウトにしました。使用した水草は前景草はニューラージパールグラスで後景はパールグラス、ポイントでハイグロフィラ・ピンナティフィダを植栽しました。

水草は全て水上葉を購入し少しソイルがヒタヒタになる位まで注水し植栽を行いました。

 

②蓋をして湿度を保つ

植栽が完了したら蓋をします。蓋はラップでもガラス蓋でもアクリル蓋でも密封出来れば何でも大丈夫です。ガラス面に結露が出来るくらい湿度が保てていれば大丈夫だと思います。

後はライトのタイマーをセットし水上栽培します。ライトは最初から長時間でも基本大丈夫なので8~10時間程度をオススメします。

 

③水草がある程度、繁茂したら注水する

前景草のニューラージパールグラスが8割くらい低床を覆ったので注水することにしました。水草を植栽して6週間後です。

ミスト式の注水タイミングはこのようにある程度、水上葉が茂ったら行います。期間としては1~2ヶ月くらいが基本です。

③注水後は通常の管理

注水したらフィルター、ヒーターなどの各種器具を設置し通常管理します。ちなみに注水後、流木が安定しなかったので一部を差し替えています。

水換えに関してですが大量換水までは必要ないですが様子を見つつ少しは行った方が良いと思います。全くしないとコケ発生リスクが高まります。

 

この水槽の現在の様子です。ミスト式開始から3ヶ月程度経過しています。注水後に流木が倒れたり、ヒゲコケが生えたりと色々とトラブルがあり水草の生長がちょっとイマイチでした。

水槽右側前景部分。ニューラージパールグラスはあと一歩勢いが足りない感じですかね。

水槽左側前景部分。流木の陰になってしまい光が届かず水草の生長が阻害されてしまいました。反省。

 

後景のパールグラスはまぁまぁ順調に育ちましたがピンナティフィダは残念ながら溶けてしまいました。

この水槽はそもそも少し特殊なコンセプト(CO2とフィルター無しでエアレーションのみで運用)で立ち上げたのでこの結果は致し方無しと思っていますが、もう少しうまくいったケースが出来ればまたこの記事を更新したいと思います。

 

ミスト式管理の注意点など

メリットが魅力のミスト式ですが管理する上でポイントになること、注意点などをまとめました。

水上管理時、注水しすぎない

ミスト管理する際、水を注ぎすぎると前景部分の水草が水に浸かると思います。実際に私が失敗した例なのですが、そのような状況だと藍藻が発生しやすいです。

要は水位を上げないようし、あくまでソイルに含んだ水分で水槽内の湿度を保つようにします。水草に水滴が付いてる位が丁度良いので、霧吹きで調整するといいと思います。

カビ対策

ミスト管理していると時折、カビが発生します。カビを未然に防ぐ為に以下の三つの点を注意するといいと思います。

  1. 流木や石などのレイアウト素材は良く洗う
  2. 組織培養された水草は寒天部分を良く洗い流す
  3. 一日に一回、蓋を外し換気する

要はカビの原因となるものを持ち込まない。また時折、新鮮な空気に触れさすことによってカビの発生リスクを下げることが出来ます。

立ち上げる時期について

冬は水上葉にとって温度と湿度の関係で難しい季節です。ですのでミスト式で立ち上げるなら、なるべく冬は避けたいですね。冬に立ち上げる際はパネルヒーターを使用するかエアコンで室内の温度を20℃切らないようにしたいです。

また真夏は真夏で気温が高すぎて水草が溶けてしまうことがあります。この際もエアコンで30℃未満に抑えるようにしたいです。

以上のことからミスト式を立ち上げる最適な時期は真冬と真夏を除いた時期をオススメします。

水換えについて

注水後の水換えですが、ある程度、余分な養分は消費されてるものの全く水換えしないとコケが心配です。

最初の一週間は2,3回、1/2~1/3程度水換えした方がリスクヘッジになると思います。

魚を入れるタイミング

注水と同時に魚を入れる人もいるようですが個人的には水中葉がある程度、繁茂してからの方がより安全だと思います。

大体、2~3週間が目安です。

 

ミスト式に向く水草

ミスト式に向く水草、向かない水草を考えたいと思います。

ミスト式に向く水草

ニューラージパールグラス、キューバパール、ショートヘアーグラスなどの背が低く低床を覆うように育つ水草、所謂、前景草全般はミスト式向きの水草と言えます。


チャームで詳細を見る

ミスト式に向かない水草

基本的に水上葉の状態でも背丈が高くなる水草はミスト式に向いていないと思います。例えばロタラやハイグロフィラ系などはミスト式で管理するメリットが薄いので不向きと言えるでしょう。

 

ミスト式に向いてるレイアウト

ミスト式に向いているレイアウトは上の画像のような単一の前景草を敷き詰めたシンプルなレイアウトではないでしょうか。

ミスト式が上手くいけばレイアウトも成功したようなものですからね。

 

ミスト式のデメリット

ミスト式のデメリットは強いて挙げるなら水景の完成が遅くなることでしょうか。ミスト管理は少なくとも一ヶ月は必要なので通常の立ち上げよりは時間はかかると思います。

 

まとめ:立ち上げに苦労している人にすすめたいミスト式

通常の立ち上げ方で水換えやコケの対処に苦労している人は是非ミスト式で立ち上げることをオススメします。

上で挙げたようなメリットを感じられる筈です。

また少ない水草を水上で増やしてから注水するので大量の水草を用意する必要が無いことからローコストで水草水槽を立ち上げしたい方にもオススメです。

-Tips

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.