Tips

水草に必要な栄養素カリウム液肥の作り方

更新日:

カリウムは水草の生長の欠かせない三大栄養素の一つで特に水槽内では不足しやすいため市販の水草用肥料はカリウム中心のものが多いです。

液体肥料だとADA社のブライティKが有名ですが実はこれと同じ成分のものが簡単に自作出来るのです。

ということで今回はカリウム液肥の自作の方法を紹介します。

準備するもの

準備するものは

ポンプボトル500ml

ポンプボトルの500ml用のものを用意します。100均で売っています。500mlより少し大きいサイズ例えば600mlのボトルでも問題ありません。

炭酸カリウム50g


チャームで詳細を見る

次に粉末の炭酸カリウムを50g用意します。

もっとグラム数が多いのを買ってもいいですが、そうそう無くなるものではないので最初から50gで小分けになっている方が使い勝手がいいと思います。

ちなみにほとんどの商品は純度が99%以上ですが一応純度も確認した方がいいと思います。

価格はチャームだと200円(送料別)ちょいでAmazonだと送料込みで400円くらいでした。

精製水500ml

一応余計なものが入らないように精製水を使用します。薬局で100円くらいで売っています。

作り方

作り方と言っても粉末の炭酸カリウムと精製水を混ぜるだけなんですが一応少しだけ注意点がありますので記しておきます。

まず炭酸カリウムは強アルカリ性なのでなるべく手袋を使用して皮膚に直接触れないようにした方がいいです。

もし皮膚に直接触れてしまっても焦らず水で洗い流せば大丈夫です。

次に容器に入れる順番は炭酸カリウム→精製水の順番でボトルに入れます。

順番が逆だと熱を発し容器が変形してしまう恐れがあるためそのようにします。

正しい順番でも多少熱を持つと思いますが正常な反応ですので大丈夫です。

入れた直後はこのように濁りますが徐々に溶けていきますので翌日には透明になっていると思います。

カリウムの添加量について

ADAのブライティKの説明書には水槽の水20Lに対し毎日ポンプ1プッシュ(1ml)を目安にとあります。

ADAのボトルは1プッシュが正確に1ml出ますので問題無いのですが市販のボトルは1プッシュで出る量が一定ではありません。

今回購入したボトルはダイソーのものだったのですが1プッシュあたり3~4mlでした。

このようにボトルによってバラつきがあるため購入したボトルの1プッシュが何mlなのかを把握しておく必要があります。

特にカリウムはpHやKHを上げる作用がありますので入れすぎてしまうと水質が大きく変化してしまう可能性があるので注意しましょう。

まとめ:カリウム水溶液は格安で自作出来る

今回かかった費用は容器100円、精製水100円、炭酸カリウム400円で合計600円で作れました。

ちなみにブライティKは180mlで1200円、チャームでも類似品がありましたが400mlで1200円でした。

これは明らかに自作した方がコスパがいいですね!

作り方も上記のように誰でも出来る簡単なものなのでカリウムの液肥が必要な方は自作をオススメ致します。

-Tips
-

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.