水草レイアウト

水槽で使える流木の主な種類

更新日:

流木は水槽に入れる代表的な素材です。いい形の流木を水槽に入れれば自然感がぐっと上がりレイアウトも引き締まります。

そこで今回は水槽に使える流木の主な種類を大まかに紹介したいと思います。

枝流木


チャームで詳細を見る

文字通り枝状になっている流木のことで枝の太さや本数はものによって様々です。

上の画像は小さいものですがADA社のブランチウッドなんかはかなり大きなサイズまであります。

枝流木のメリットは水槽に入れてもアクがでにくいこととアヌビアスナナやウィローモスのような陰性水草を活着させることが出来ることです。

既に水草が活着済みの流木も売られているのでそれを水槽に入れるだけでもある程度さまになります。


チャームで詳細を見る

塊状流木


チャームで詳細を見る

レイアウトの土台になるような塊やブロック状の流木です。ADAで言うとホーンウッドがこれにあたると思いますが塊と言ってもホーンウッドのように先端が尖ったものや空洞が出来てるものもあり形状は様々です。

大きくて形がいいものを集めれば下のような大迫力のレイアウトを作ることも可能です。

切り株流木

icon icon
チャームで詳細を見る icon

この切り株のような流木も最近良くお店で見るようになりましたね。スタンプウッドという商品名で売っているお店もあります。

上が空洞になっているものが多いので水草を置くのもいいし、観葉植物を乗せてもインテリアになりそうな気がします。

ウミウチワ流木

まるでウチワのようなユニークな形状の流木です。枝分かれが細かいので一部を切り取って使用するのもいいかもしれません。

この流木は余りお店では売っていないですがヤフーオークションで良くみかけます。

興味があったら見てみてください。

流木の入手先

アクアショップで買う

一番オススメの方法です。流木は実物を見てみないと大きさや質感が伝わりませんから出来れば実際に目で見て選びたいとところです。

流木の取り扱いが多い店はADAの特約店であることが多いです。何故かと言うとADAの特約店は水草レイアウトに力を入れているお店が多くレイアウト素材も揃いやすいからです。

都内のお店なら以下の記事を参考にして下さい。特に北千住のAquarium house Haluは素材の量と値段の安さが凄いです。
 

通販で買う

お店が近くに無い人はチャームやヤフオクなどの通販を利用せざるを得ないと思います。

通販で流木を購入する場合は形状お任せでは無くてきちんと大きさが把握出来るものを選ぶのがオススメです。

形によっては水槽に入らないものを買ってしまう可能性もあるので水槽に流木が入っている写真が付いてるものですサイズ感がある程度把握出来るのでより良いと思います。

近くの河川などで拾う

河川などで流木を拾うことも考えた方もいるかと思いますが少し注意することがあります。

まず第一にそこら辺に落ちている日本の流木は水槽には沈まないことが多いです。

そして拾った流木は殺菌するためにまず洗浄や煮沸を行う必要があります。煮沸を行い崩れてしまうものも多いです。

ということでお店で買った方が結局手間がかからず好みの形状のものを手にすることが出来る場合が多いと思います。

しかし実際の自然で流木を探しに行くのもお宝探しのようものなので、そういった体験を楽しみたい方も中にはいるかと思います。

その場合には土地の所有者に予め採っても良いか確認した方がいいでしょう。

まとめ:流木の魅力

筆者は一時期流木の魅力に取り付かれ色々なショップを巡り自分のお気に入りの流木を集めたことがあります。

やはりいい形状の流木は入荷したそばから売れてしまうこともあるので良く行くショップの入荷情報を見ておくといいかもしれませんね。

また流木はアク等のちょっとした問題がある素材なので流木を初めて購入する方は以下の記事も参考にして頂けると幸いです。

水槽に流木を入れる際の注意点まとめ

流木は水草水槽で使用される代表的なレイアウト素材です。 筆者も流木水槽が好きで流木をショップ巡りをし ...

続きを見る

-水草レイアウト
-

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.