水草レイアウト

アクアリウム水槽に入れる定番の石の種類まとめ

更新日:

石はアクアリウムの代表的なレイアウトの一つで上の画像のように石組みレイアウトを作り石を水槽の主役にしたり、自然感を出すために小さい石を水草の根元などに配置したりします。

石は特に水草レイアウトでは欠かせない素材ですが今回はアクアリウムショップで売られている主な石の種類を紹介したいと思います。

万天石(風山石)


チャームで詳細を見る

ADAでは万天石という名前で売っていますが質感や色味がチャームで売っている風山石と酷似していますので恐らく同じだと思います(ネット上でも同じではないかと言う意見もチラホラ見かけましたので)。

万天石は岩肌を削ったようなゴツゴツとした質感が特徴で特に大きいサイズは水槽の主役になる形のいいものが多いので石組み水槽では使用されることも多い人気の石です。

色はどちらかと言うと明るめですが部分によっては紫っぽい所もあったりと石の色は多少ばらつきがあり、それが自然感を醸しいい雰囲気を出しているのかもしれません。

溶岩石


チャームで詳細を見る

溶岩石は定番のアクアリウム用の石で産地によって色も様々です。

特徴としては他の石より軽く表面がザラザラしているため積み上げるのも容易です。

また表面が多孔質なのでバクテリアが定着しやすく水質浄化にも貢献します。そして陰性水草も活着しやすいです。

但し形状は角張ったものが少ないので石組みレイアウトととしてメインで使うには多少難しい面があります。

木化石


チャームで詳細を見る

木化石(ぼっかせき)は名前の通り木が長い年月をかけて化石化した石です。珪化石とも呼ばれます。

座りが良く高さもあるので奥行きがありつつ立体感があるレイアウトを作ることが出来ます。

また木化石も溶岩石同様、質への影響は少ないです。

黄虎石


チャームで詳細を見る

黄虎石は別名、気孔石、蜂炎石とも呼ばれ気孔と名前がつく通り表面に沢山の穴が空いています。

石の質感が良いので黄虎石のみで石組みしたり色が近い流木と組み合わせても違和感がありません。

こちらも水質の影響は少ないとされているので初心者でも扱いやすい石だと言えます。

龍王石


チャームで詳細を見る

龍王石は多少の質感の違いはありますが青龍石・青華石・黒雷石などの名前で売られていることが多いです。

若干青みがかかった灰色は爽やかな印象を与え龍王の名に恥じない豪華な石です。

また霜降りのような白い筋やしわの入り方が石によって様々なので選ぶ楽しみもあります。

但し龍王石はpHをアルカリに傾け硬度も上昇させることから水草水槽には多少向かない面があります。

その性質を利用してキューバーパールグラスなど硬度を求める水草を育成する際に利用される場合が多いです。

石の入手方法

アクアショップで買う

一番オススメの方法です。石は実物を見てみないと大きさや質感が伝わりませんから出来れば実際に目で見て選びたいとところです。

石の取り扱いが多い店はADAの特約店であることが多いです。理由としてはADA特約店は水草レイアウトに力を入れていることが多くレイアウト素材も豊富なことが多いからです。

そしてアクアリウムショップで置いてある石は大体ADAから入荷したものであることがほとんどなので石をお探しならADA特約店を回る方が効率が良いと思います。

都内のお店なら以下の記事を参考にして下さい。特に北千住のAquarium house Haluは素材の量と値段の安さが凄いです。
 

通販で買う

お店が近くに無い人はチャームやヤフオクなどの通販を利用せざるを得ないと思います。

通販で石を購入する場合は形状お任せでは無くてきちんと大きさが把握出来るものを選ぶのがオススメです。

形によっては水槽に入らないものを買ってしまう可能性もあるので水槽に石が入っている写真が付いてるものですサイズ感がある程度把握出来るのでより良いと思います。

近くの河川などで拾う

河川などで流木を拾うことも考えた方もいるかと思いますが少し注意することがあります。

まず第一にそこら辺に落ちている日本の石は角が取れていて丸みがあるものがほとんどです。またどのくらい水質に影響が出るかわかりませんから水槽に入れる前にphと硬度のチェックはした方がいいでしょう。

ということでお店で買った方が結局手間がかからず好みの形状のものを手にすることが出来る場合が多いと思います。

しかし実際の自然で石を探しに行くのもお宝探しのようものなので、そういった体験を楽しみたい方も中にはいるかと思います。

その場合には土地の所有者に予め採っても良いか確認した方がいいでしょう。

石を買う際の注意点

水に濡らすと色が変わる

石は店頭では乾いた状態で売られています。水槽に入れると石の表面の色が変わるので店頭での状態と大分印象が変わると思います。

予めその石がどんな色をしているか把握しているのであれば問題ないですが、確認したい場合は店員さんに水をかけて欲しいとお願いすれば水をかけてくれると思います。

水質が変化する

今回の記事でも書いているように石を水槽に入れると大なり小なりpHと硬度が上昇します。

どのくらい変わるかは石の種類にもよりますが影響が少ないのは溶岩石・木化石・黄虎石ですがこれも個体差があるので水槽に入れてみないと正確にはわからないです。

ですので出来れば石を入れる前にpHと硬度(GHだけでいいと思います)を測定した方がベターです。購入前に店員さんに水質の影響を聞くのもいいと思います。

基本的には石の種類を統一する

あくまで基本なのですが石は一つの水槽につき一種類にした方が良いとされています。

複数の種類の石を入れてしまうと水槽全体のレイアウトが統一感の無い印象を与えてしまうからです。

まとめ:好みの石を集めよう

今回はアクアショップで売られている代表的な石を紹介しましたが、他にも様々な石がありますので自分好みの石を見つけいい形のものを直感で選んでみましょう。

そしていい石が集まったら是非石組み(岩組み)レイアウトに挑戦してみて下さい。

-水草レイアウト
-

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.