コケ対策 熱帯魚

水槽内のコケ掃除をしてくれるメンテナンスフィッシュ一覧

更新日:

アクアリウムをやっていると必ずと言っていい程、対処しなくてはいけなくなるのが水槽内に発生するコケです。

コケが発生すると水草の生長が阻害されますし、何より美観が大きく損なわれるので早めに除去したいところです。今回はそんなアクアリウムの嫌われもののコケを食べてくれる水槽内のお助け隊を簡単に紹介します。

 

コケを食べるエビの仲間

ヤマトヌマエビ


チャームで詳細を見る

コケ取りと言えばヤマトヌマエビ!と呼ばれるくらいコケ取り能力が高い日本原産の淡水エビです。幅広いコケの種類を食べてくれますがアオミドロのような糸状のコケが一番好きなようです。入れすぎると水草も食べられてしまう恐れがあるのでコケだらけになっている水槽以外は60cm水槽に10~20匹程度に抑えます。

注意点としては体長3~6cmなのでエビの中では大きい為(特にメスは大型化する)、見た目の主張が強めで人によってはグロく感じるかもしれません。それと2cm程度の小型魚ですと捕食される可能性もありますので混泳には注意して下さい。

ミナミヌマエビ


チャームで詳細を見る

体長2cm程度の大きさのエビです。ヤマトヌマエビよりコケ取り能力は大分劣るのでヤマトを入れる倍以上の数を入れましょう。水槽にいても目立ちにくいので多少数を入れても水槽の景観が崩れるということは無いと思います。

またヤマトと違いミナミヌマエビは繁殖をするので放っておくと勝手に増えていることが良くあります。

注意点として体が小さめなのでエンゼルフィッシュ・アピスト・ベタなど少し大き目の熱帯魚には食べられてしまいます。

アルジーライムシュリンプ

(エビ・貝)アルジー・ライムシュリンプ(10匹) 本州・四国限定[生体]
チャームで詳細を見る icon

中国原産の3cm程度のヌマエビです。名前の通り体色がライムグリーンの綺麗なシュリンプです。コケ取り能力もそこそこで何といってもコケの中でも一番やっかいだとされる黒ヒゲコケを食べてくれる貴重なエビです(個体差があり完璧に除去出来る程ではない)。

他のエビ達より若干値段が高めですが鑑賞性とコケ取り能力を両立させているエビですので試してみる価値はあると思います。

トゲナシヌマエビ


チャームで詳細を見る

ヤマトヌマエビとミナミヌマエビの中間程度の大きさのエビです。筆者も何度か飼育経験があるのですが他のエビより水質悪化や高水温に強くコケ取り能力もヤマトとそこまで差はないと感じました。

ヤマトは飢餓状態のコケ取り能力は凄まじいのですが環境に慣れてしまうと余り働かなくなってしまうことが割とあります。対してトゲナシヌマエビは平均的にコケを食べ続けてくれる印象があります。

ヤマトは大きすぎて嫌、ミナミはコケ取り能力に不安があるような方にオススメのシュリンプです。

 

コケを食べる熱帯魚達

サイアミーズ・フライングフォックス


チャームで詳細を見る

タイ原産のコイ科の熱帯魚です。黒ヒゲコケ対策で導入するケースが多いですが個体差があり当たり外れがある魚です。また気性が荒めで水槽内を高速で泳ぐので飛び出して死んでしまうことも多いので多少扱い辛い魚ではあります。

最大で10cm程度になるので購入の際は出来るだけ若く小さい個体を選ぶようにしたいです。

オトシンクルスとオトシンネグロ


チャームで詳細を見る

南米原産の小型ナマズの仲間です。口が吸盤状になっている水槽の壁面にへばりついたコケを除去してくれます。オトシンを入れておくとガラス面の掃除の手間が大分省ける程です。ただしコケがある時はいいのですが無くなってしまう餓死しやすいので別途、人工餌などを与える必要も出てきます。

オトシンクルスとオトシンネグロの違いですがオトシンネグロの方が基本的には丈夫でコケ取り能力も高く餓死しにくい傾向があります。見た目はクルスの方が可愛げがあるので人気ですが長期飼育を考えるとネグロの方がおすすめです。

ブラックモーリー


チャームで詳細を見る

真っ黒な体色が良く目立つメダカの仲間です。コケというよりは油膜対策でよく導入される魚ですが油膜以外にも藍藻や糸状藻も食べてくれます。

60cm以下の水槽では1~2匹程度で十分でそれ以上いれると無闇に増えてしまったり良くも悪くも目立つ魚なので存在感が強く「ブラックモーリーの水槽」になってしまいます。

 

コケを食べる貝の仲間

石巻貝


チャームで詳細を見る

水槽壁面にへばりついて除雪機のように道を進みながら除去してくれる貝です。小型で地味な見た目と繁殖しないことから貝のコケ取り仲間の中では一番扱いやすい種だと思います。

注意点としてひっくり返ると自力で元に戻れずそのまま死んでしまうことがあるので、そのような場合には人の手で起こしてあげましょう。

ラムズホーン


チャームで詳細を見る

レッド、ブルー、ピンクなど色彩が鮮やかなバリエーションが販売されている貝です。コケを取ってくれる他にも餌の残りも処理してくれる優れものです。注意点として簡単に繁殖してしまう為、特にアルカリ性の水質だと爆発的に増えラムズホーンだらけのちょっと気持ち悪い水槽になってしまうこともあります。

マシジミ


チャームで詳細を見る

マシジミは河川の砂に生息する淡水のシジミで一応食べれるらしいのですが食用としてはヤマトシジミという別種が主に流通しているようです。このアクア用に飼われるマシジミは水中の有機物を食べてくれるので水質浄化能力にとても優れています。

水中がアオコ・グリーンウォーターのような緑色に染まってしまう状態でもマシジミを入れると改善されたという報告があります。ただし長期飼育は難しく砂にもぐってしまう習性があるのでネットかプラスチックケースに入れて水槽内で飼うようにします。

 

コケ取り生体の選び方

基本的にはエビとオトシンの組み合わせがおすすめ

コケ取り生体にも種類がいてそれぞれ好んで食べるコケの種類が違うので迷うと思いますがまず一番オーソッドクスなのがエビです。水槽によく出るコケとして茶ゴケ(珪藻)、糸状藻の二つがありますが、それらはエビで除去、予防を十分にしてくれますので、まずはエビを迎えてあげるのがセオリーです。

また補助としてオトシンを入れてあげるとエビがカバー出来ない壁面なども綺麗にしてくれるのでエビとオトシンのコンビでかなりコケを防げます。

エビの中でもヤマトヌマエビは特に能力が高いですが見た目やサイズの好みがあるので、そこは好みで選らんでいいと思います。オトシンは先述したようにオトシンネグロの方が能力は上なのでパフォーマンス重視ならオトシンネグロをオススメします。

特殊なコケにはその都度対処する

黒ヒゲコケや藍藻は出現率はそれほど高くないですが出ると非常にやっかいなコケです。黒ヒゲにはサイアミーズ・フライングフォックス、藍藻にはブラックモーリーなどが対応してるので導入を検討しましょう。

-コケ対策, 熱帯魚

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.