水草

外見がかわいくて育てやすい水草まとめ

投稿日:

水草には様々な種類があり、その草姿も一つ一つ違う魅力があります。

その中でも今回はかわいらしい草姿をした水草を紹介してみます。かわいいと言っても主観になってしまうのですが比較的育てやすい水草を中心に紹介していますのでご覧下さい。

また詳しい育成条件等はチャームのリンクを参照してみて下さい。

ベトナムクローバー


チャームで詳細を見る

簡単に表現すると四葉のクローバーを連想させる水草です。水中では思わぬ方向に生長するので使い方としては中景から後景あたりにアクセントとして植えるのがオススメです。

ちなみに水上で育てると綺麗に四方向に葉を展開するので正に四葉のクローバーと言えるでしょう。水中葉化すると葉っぱが片方に寄ってしまうのですがそれはそれで特徴的でかわいいと思います。

オーストラリアン ノチドメ


チャームで詳細を見る

この水草も色々な呼び方がありオーストラリアンクローバーと呼ばれる場合もあります。

人気な水草で前景から中景にかけて使われうまく生長させると綺麗な緑の茂みを作り自然観を演出してくれます。

個人的にも気に入っている水草で何回も育てていますが育成に関しては特に豊富な養分が大事だと思います。また前景を這うように生長させたい場合は高光量でCO2添加も必須です。

ミニマッシュルーム


チャームで詳細を見る

名前の通りマッシュルームのような葉の形をしているかわいい水草。成長速度は遅めで管理は楽ですがスポット状のコケが付きやすい傾向があります。

この水草も密生させるというよりは前傾から中景にかけてアクセントとして植えておくと映える水草なのでそのような使い方をオススメします。

ミリオフィラム マトグロッセンセ


チャームで詳細を見る

後景草で良く使われるポピュラーな緑の有径草です。好環境だと横に広がり枝分かれしながら増えていくので繊細な印象の森を作ることが出来ます。

パールグラス


チャームで詳細を見る

水草水槽で使用頻度が高い人気の有径草です。半透明の緑の葉を付け星型のようなかわいらしい見た目は根強い人気があり水草レイアウトで昔から良く見かけます。

CO2無しでも育成は出来ますが添加すると節目を多く出し綺麗な茂みを作ることが出来ます。また気泡を付ける姿も美しいです。

アマゾンチドメグサ


チャームで詳細を見る

アマゾンチドメグサは初心者用の水草とも知られ育成が容易な種です。

また水中の養分を良く吸収することから立ち上げ初期に入れておくと水質の安定性に一役買ってくれる水草でもあります。

上で紹介したオーストラリアンクローバーと近い種(セリ科)ですがアマゾンチドメグサの方が全体的な葉のサイズは大きくなりますので繊細なレイアウトには若干使い辛い側面はあります。

アヌビアスナナ プチ


チャームで詳細を見る

アヌビアスナナは最もポピュラーな水草の一つですが葉の大きさが半分以下のプチタイプがあります。

個人的には断然プチタイプをオススメします。理由としてはアヌビアスナナのような強い主張が無く特に小型水槽ではプチタイプの方が断然使いやすいからです。

育成もCO2や高光量は必要とせず入門種とも言えるかわいい水草です。

-水草

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.