基本・初心者向け

アクアリウムで初心者がやってしまいな失敗とは

投稿日:

アクアリウム初心者は知識が無くて当然で失敗しながら学んでいくものです。

但し予め知っておけば簡単に防げる失敗も良くありますので今回はアクアリウム初心者がやりがちな典型的な失敗について紹介します。

水槽をセットしてすぐ生体を入れてしまう

これは熱帯魚等を初めて飼育する方がやってしまう典型的な失敗で、水槽と生き物を同時に購入しすぐに飼いはじめてしまうことです。

結論から言ってこれは良い方法ではありません。水槽内に発生するアンモニアや亜硝酸などの有害物質を分解してくれるバクテリアが発生するまで一ヶ月程度は待つ必要があります。

例えばアカヒレや金魚のような水質の悪化に非常に強い生体であれば耐えれる場合もありますが他の生体ではアンモニア中毒等で死んでしまう恐れがあります。

その辺りの水が出来上がる仕組みや魚をいつから入れてもいいか等は以下の記事で詳しく解説していますので参考にして下さい。

水槽を立ち上げてからどの位で生体を入れていいのか解説

水槽を新しくセットしてもすぐに魚やエビなどの生体は入れたらいけないという事はアクアリウムの基本であり ...

続きを見る

餌をやりすぎてしまう

水槽に近づくと餌を欲する魚達の仕草が見られついつい餌をあげすぎてしまう方が多いです。

魚は満腹中枢が無いと言われているので餌を食べた後でも餌が欲しいような仕草を見せるのですが一日決まった量を与えるのが魚の健康にとっても大切なのです。

餌はメーカーが推奨している量より大分少なめでも全く問題ありません

具体的には一日一回、魚のお腹が少し膨れる位が適量で食べ残しが起るような餌の量は多すぎます。

餌の与えすぎは魚の負担になるばかりか水質の悪化、コケの発生を誘発しますので少なめに与える意識が大事だと思います。

餌やりについて詳しくは以下の記事で紹介しています。

熱帯魚の餌の種類・やり方や注意点

今回は観賞魚の餌についての基本的な知識をまとめました。餌やりは基本毎日行うものですが魚たちの健康に直 ...

続きを見る

水槽に魚(生体)を入れすぎてしまう

初心者の方は特に小さい水槽から始めることが多い傾向がありますが、そのような小型水槽では収容できる魚の数はある程度決まってきます。

特に一気に魚の数を増やしてしまうと様々なトラブルを引き起こす原因となりますので数を増やすとしても計画的に少しづつ数を増やしていくことが重要です。

水槽サイズ別の魚の適正数は以下の記事で詳しく書いています。

水槽に何匹くらいの熱帯魚を飼えるのかの目安

水槽に何匹くらい熱帯魚やエビを入れられるかは個々の水槽の環境や設備に大きく左右されますので一概に数を ...

続きを見る

水換えの量や方法を間違える

水換えはアクアリウムの最も基本的なメンテナンスですが水換えの量や方法を勘違いされている方も少なくありません。

例えば水換えの度に全部の水を入れ換えてしまうことや水換えを全くしないなど極端なことはしないようにします。

水換えは1週間に一回、全水量の1/3程度が基本となります。

もちろん水槽を立ち上げてからどの程度経過しているかや、水槽内の環境にも変わってきますが基本は上記のようになります。

また水換えに使用する水はカルキ抜きを忘れずに水温も水槽内と温度を合わせます

水換えについて詳しくは以下の記事でも紹介していますので参考にして下さい。

水槽の水換えの方法・頻度・必要な道具

アクアリウムをやる上で必ず必要な世話が水換えです。恐らくアクアリウムのメンテナンスの中で一番手間がか ...

続きを見る

大型化する魚を飼ってしまう

熱帯魚ショップで見たときは小さい魚であっても成魚になると何倍にも大きくなる。

そんな魚を知らずに購入してしまうと今の水槽では飼育が出来なくなってしまうため中~大型化する魚には注意が必要です。

具体的には以下のような魚達は成魚になると120cm以上の大型水槽でしか飼育することは出来ません。

  • プレコ系(※小さなままな種も居ます)
  • アロワナ
  • レッドテールキャット
  • ガーパイク
  • オスカー

増え過ぎる魚を飼ってしまう

熱帯魚ショップで売られている魚の一部はこちらが意図せずとも水槽内で自然に繁殖する種が居ます。

殖える喜びもアクアリウムの楽しみの一部ですが初心者にとって魚の数をコントロール出来なくなってしまうことは最悪水槽の崩壊へと繋がります。

個人的には容易に水槽内で繁殖してしまう魚は余り初心者にはオススメしません。

具体的には以下の魚が繁殖しやすい種となります。

  • グッピー
  • メダカ
  • プラティ
  • モーリー
  • ダニオ

予め殖えることを予想して余裕がある水槽サイズで飼育する場合は問題内ですが小型水槽で飼育する場合は注意が必要と言えるでしょう。

ヒーターに関する失敗

熱帯魚飼育に必要なヒーターに関してもミスしやすいことが結構あります。

ヒーターを設置するのが遅い

ヒーターは水温が20℃を切ってから設置するのでは無くある程度気温が下がってきたら早めに設置することをオススメします。

例えば温度固定式ヒーターしか持っていない方は水温が下がってから設置すると水温を一気に上げることになってしまうため夏が過ぎたらもう設置してしまっていいと思います。

ヒーターの設置位置が間違っている

たまに見るのですがヒーターの設置位置が水槽の上すぎる方がいます。

説明書にも書いてありますがヒーターは本体が露出しないように水槽の真ん中より下に設置します。

ヒーターの電源を入れ忘れる

水換えの際にヒーターの電源を切り、水換え完了後ヒーターの電源を入れなおすことを忘れてしまう。

これも良く聞く失敗談です。初歩的ですが初心者だけでなくやりがちなケアレスミスなのでご注意を。

掃除をやりすぎる

水槽周りを綺麗にすることは基本的には良いことですが場所によって綺麗にしすぎるとマイナスに働いてしまう場合があります。

代表的な場所は底砂と生物ろ材です。

この二つはろ過バクテリアの住みかとなっているので過度に綺麗にすると水を浄化してくれるろ過バクテリアまで流してしまうことになります。

底砂はゴミが出なくなるまで綺麗にする必要は無く、ろ材に関しては軽くすすぐ程度で十分なので、この二箇所に関してはある程度の掃除で十分と言えます。

まとめ

今回は初心者がやりがちなアクアリウムの代表的な失敗例について紹介しました。

初心者は程度が分からなくて当然でこれは経験によって分かってくる部分もあります。

ただ今回紹介した例のように中には知っていれば簡単に防げることもあると思いますので予め知識を蓄えることは無駄にはなりません。

また誰でも最初から完璧な飼育が出来る訳ではありませんので失敗をしたら原因を究明して次に生かすことがアクアリムでは求められると思います。

-基本・初心者向け

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.