メンテナンス 基本・初心者向け

水槽の水換えの方法・頻度・必要な道具

更新日:

アクアリウムをやる上で必ず必要な世話が水換えです。恐らくアクアリウムのメンテナンスの中で一番手間がかかり頻度も高めなことが水換えだと思いますが、今回は水換えの方法や道具など基本的な知識についてまとめました。

 

水換えの目的

まずそもそも何故、水換えが必要なのかについてですが一番の目的は汚れた水を排出し綺麗な水に入れ替えることです。水槽内のろ過機能である程度、水中の汚れを分解してくれますが、分解出来る能力にも限界がありますし水換えでしか除去出来ない硝酸塩という物質があるので、どうしても定期的な水換えが必要です。

また、水道水には水草に育成に必要な二酸化炭素やカルシウムなどの微量元素が含まれているので水草にとっても新鮮な水は成長を促進させる大事な要素なのです。

 

水換えの頻度と量

水換えの頻度と量は魚の数やフィルターの種類など飼育環境によって大きく左右されるので、どれが正解というものはありません。ですので理想は水槽の様子を見ながら臨機応変に調整していくのがベストだと思いますが初心者だと、そもそもの基準がわからないと思いますので、ここでは大まかな目安を紹介します。

立ち上げ初期の水換え

水槽を立ち上げた初期は水槽内やフィルターにろ過バクテリアがいないので、水が汚れやすい状態になっています。なので通常管理している時よりは水換え頻度と量を多めにします。

低床をソイルにした場合は保有している栄養分が水中に一気に溶け出すのでコケを予防する為にも多めに水換えを行います。使用するソイルによりますが毎日1/2~1/3程度を1、2週間の期間は毎日した方が後々コケに困るリスクを減らせると思います。

逆に養分を保有していない砂利系の低床を使用する場合はソイル使用時のような大量換水は必要なく、様子を見ながら数日に1回、1/3程度を目安に水換えを行うと良いでしょう。

通常状態での水換え

立ち上げからある程度(最低一ヶ月程)経過し、安定しているような状態であれば1~2週間に一回、1/3程度を目安に水を入れ替えます。頻度や量は水槽の状態を見て判断し、もし水が濁っていたり、コケが目立つような状態であれば頻度や量を増やすようにします。

但し水槽内に既に魚がいる場合はあまりに多くの水を換えてしまうと水質の急激な変化によるリスクがあるので最大でも一回の水換えの量は1/2弱程度に抑えて下さい。

 

水換えに必要な道具

水換えする時は以下の道具があると効率よく水換えを行うことが出来ます。

  • サイフォン式の排水ポンプ
  • バケツ
  • カルキ抜き・コンディショナー
  • 水温計

水換え用ポンプ


チャームで詳細を見る

水換えするにはまず水槽内の水をバケツに移す必要がありますが、アクア用品で水換え用ポンプが売られているので基本的にはこれを利用します。

上記画像のプロホースという水換え用アイテムは水換えと底砂の掃除が一辺に出来るので人気がある商品です。

またバスポンプのような電動タイプもありこちらは排水、注水、両方を高速で行えるので90cm以上の水槽であれば電動ポンプをオススメします。

バケツ

バケツはとにかくアクアリウムで頻繁に使うものなのでしっかりしたものを購入したいです。また目盛りと注ぎ口があるタイプの方が何かと便利です。

カルキ抜き・コンディショナー


チャームで詳細を見る

カルキ抜きは水道水に含まれる魚にとって有害な塩素を無効化する為に水換えの度に使用します。コンディショナーは水道水に含まれる重金属を無害化したり、魚の粘膜を保護する成分が含まれています。

カルキ抜きとコンディショナーは一緒になっている便利な商品があるのでそちらを使用すると手間が省けます。

水温計

冬場は水道水が冷たくなっているので、そのまま水槽内に注ぐと温度を大きく変化させてしまいます。その為、水とお湯を混ぜて水槽の水温と大体同じ位に調整する必要があるのですが、その時に水温計を使用します。慣れてくれば水に手を入れると大体の水温がわかるようになりますが、最初は水温計でその都度、確認して行うようにしましょう。

 

水換えの手順

それでは実際に水換えの方法を一から流れを追って説明したいと思います。

1.フィルターとヒーターの電源を落とす

フィルターが稼働したままだと作業に支障が出るのでまずフィルターの電源を落とし停止させます。ヒーターは設置してある位置によりますが、水位が減ってヒーターの本体が露出すると危険なので、そのような場合はヒーターの電源も一緒に落としておきます。

2.ポンプを使って水をバケツに移す

水換え用ポンプを使用し飼育水をバケツに移します。この時、吸水口を移動させて水槽内の目に見えるゴミを取るとより水槽内を綺麗に出来ます。使用中は魚やエビが吸い込まれないように注意して下さい。

3.バケツの水を捨てる

排水場所はどこでもいいですが枯葉などのゴミが多い場合にはゴミをネットで濾すように水を捨てると排水口がつまらなくて済みます。

4.新しい水を用意する

バケツに水道水を注ぎカルキ抜き、コンディショナーを規定量、混ぜます。また水温が低い冬場であればお湯を水に混ぜることによって水温を調節します。

5.水槽に新しい水を注ぐ

水がたっぷり入ったバケツは重いので慎重に水槽まで運びます。バケツを持ち上げ水槽に水を注ぎますがバケツから直で注水してしまうと砂を舞い上げたりレイアウトが壊れる原因になるので水を受けるトレーやソイルの空き袋などを浮かべ水の勢いを殺しながら注水します。

数リットルの小型水槽であればジョウロのような片手で持てるような道具を用意し、もう片方の手で水を受けながら注水する方法でもいいです。

6.フィルターとヒーターの電源を入れ直す

水換えが完了したらフィルターとヒーターを再稼働させます。特に水換え後にヒーターの電源を入れ忘れ熱帯魚を死なせてしまう事故は本当に良く聞くケースですので十分注意しましょう。

 

まとめ

水換えは定期的に行う世話でアクアリウムをやる上で一番面倒で大変な部分かもしれません。しかし水換えした後の水槽というのは水が輝いているというような表現が使われる位ピカピカして気持ちのいいものです。もちろん熱帯魚にとっても水草にとっても新鮮な水は有効に働くので綺麗な水槽を維持する為にも定期的に行うようにしましょう。

-メンテナンス, 基本・初心者向け
-

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.