水草

丈夫で育てやすい初心者向けの水草まとめ

更新日:

今回はアクアリウムを始めたての初心者でも枯らしにくい丈夫な水草たちを紹介します。水草の育成は高価な設備が必須とで難しいというイメージを持っている人もいるかもしれませんが種類を選べば綺麗な水草水槽を作ることも可能だと思います。

 

初心者向けな水草の条件とは?

高光量を必要としない

水草には光の要求量の違いがあり特に成長の早いロタラ系などの有茎草は強い光を必要とします。逆に成長の遅いアヌビアスなどの陰性と呼ばれる水草はそこまで光の強さが無くても成長できるのです。

CO2の添加を必要としない

水草はCO2を添加すれば成長スピードが上がり色も鮮やかになりますが添加をしなくても育成出来る水草は沢山あります。さすがにCO2添加時には劣りますが十分その水草の美しさを堪能出来ると思います。

幅広い水質に適応する

水草は基本的に弱酸性のpHを好む種類が多いですが中には酸性からアルカル性まで幅広い水質に適応出来る丈夫な水草も存在します。そういった水草は水質の適応も早いので水槽に入れて適応できずにすぐ溶けてしまうというようなことも少ないです。

幅広い水温に適応する

多くの水草は22℃~26℃程度の水温を好みますがこの範囲を外れても育成出来る種はあります。

 

背が低い初心者向きの水草

エキノドルス・テネルス


チャームで詳細を見る

前景草の入門種としてもよく紹介されるエキノドルス・テネルスは雑然とした雰囲気を持つ定番の水草です。CO2無しでも育成自体は出来ますが密生させるには少なくても強い光とソイルの使用が条件だと思います。

ニューラージパールグラス


チャームで詳細を見る

前景草(水槽の一番手前に配置する水草)の中では一番育てやすい水草だと思います。背の低い前景草は高光量・CO2添加を必須とする種類がほとんどですがこのニューラージパールグラスはCO2を添加しなくてもある程度は育成が可能です。

前景を緑一色にする俗にいう緑の絨毯を実現出来る最も簡単な水草ではないかと思います。

ニューラージパールグラスの育て方・特徴などを紹介

ニューラージパールグラスは近年、水草レイアウトの前景草として頻繁に使用されている定番種となりました。 ...

続きを見る

オーストラリアン・ノチドメ


チャームで詳細を見る

別名オーストラリアン・クローバーとも呼ばれ小さく可愛らしい切れ込みが入った葉が人気の水草です。条件が良いと成長が早すぎるため間引く必要があるくらい爆発的に増える水草です。

好条件でなくてもある程度の光量と肥料があれば問題無く育ちます。前景~中景の範囲で使え、この水草を入れておくだけで自然感がアップするのでオススメの水草です。

▼CO2添加無しで実際に育成してた時の画像

ピグミーチェーンサジタリア


チャームで詳細を見る

初心者向けとよく紹介される水草で置いてあるショップも多いと思います。特に砂利系の低床を使いアルカリに傾いた水槽でも育成可能で条件は悪くても枯れずにいつの間にか増えている、そんな水草です。また長く伸ばされた根から養分を吸収するので低床肥料が有効です。

 

背が中程度の初心者向きな水草

アマゾンチドメグサ


チャームで詳細を見る

先に紹介したオーストラリアン・ノチドメに近い種で、こちらも可愛い丸い葉をつける初心者向きな水草です。この水草は水中内の養分を良く吸収してくれ成長スピードも比較的早いです。

好条件だと葉が巨大化し縦横無尽に増えるのでコントロールが難しい印象を受けますので、むしろ、設備がそこまで整ってない水槽に入れておくと丁度いいかもしれません。

ヘテランテラ


チャームで詳細を見る

CO2添加無しで養分がそこまで豊富でなくても育成可能な美しい緑色の茂みを作る水草です。光の強さによって育ち方が違い、光が強ければ低床を這うように成長し中景を埋めるような役割を果たしてくれる水草です。この水草は本数が少ないと水槽の中で浮いた印象を受けかねないので、ある程度まとまった本数を植えることをオススメします。

ミリオフィラム・マトグロッセンセ


チャームで詳細を見る

繊細な葉がとても美しい緑色の有茎草です。CO2添加など条件を整えるとより美しく育ちますが無くても育成自体は可能です。横に広がりながら育つ傾向がある為、定期的にトリミングを行い差し戻しを行い密度を高めていけば森のような印象を与えることが出来るでしょう。

パールグラス


チャームで詳細を見る

パールグラスは明るい緑の有茎草でレイアウトに使用される機会も非常に多い人気の水草です。

基本的にはCO2添加必須と紹介されることの多い水草ですが筆者はCO2無しで育成したことが何度もある水草なので今回のリストに加えました。

パールグラスをCO2添加無しで育成してみた結果

パールグラスは水草レイアウトでも使用頻度が高い人気の有茎草です。 半透明の緑と星型のような草の形がか ...

続きを見る

 

背が高い初心者向きな水草

スクリューバリスネリア


チャームで詳細を見る

名前の通りねじれながら上に向かう深緑の水草です。とにかく丈夫でどんな水槽でも育てやすく安価でもあるので見た目が気に入れば、細かいことは気にせず気軽に入れて大丈夫な正に初心者向きな水草です。

▼近い種でバリスネリア・ナナという葉が極細なタイプもあり、こちらも育成は容易で水草レイアウトで見る機会も多いです。

ハイグロフィラ・ポリスペルマ


チャームで詳細を見る

ハイグロフィラ系は丈夫で育てやすい種が多く良くビギナー向きの水草と紹介されますが、特にポリスペルマはその代表とも言える水草です。但しハイグロフィラ系、全般に言えることですが草が大きい種が多く小型水槽では若干扱いにくい傾向があります。

ウォータースプライト


チャームで詳細を見る

ライトグリーンの細かい葉を色々な方向に伸ばす育成が簡単な水草です。水面を覆うように成長する為メダカやグッピーなどの卵を産みつけるうってつけの場所になります。四方八方に新芽を伸ばす為、整然としたレイアウトには若干使いにくいですがビギナー水槽にとりあえず緑が欲しいときに一株入れておくような使い方がいいかと思います。

ちなみに~スプライトと名前が付く水草は数種類あり中でもラオススプライトは葉が繊細なので綺麗な水草です。

ウォーターウィステリア


チャームで詳細を見る

ウォーターウィステリアは複雑に切れ込みが入るハイグロ系の有茎草です。日本でもかなり昔から親しまれている水草で育成も容易です。

ウォーターウィステリアは基本的には一枚の葉も大きく存在感があるため繊細なレイアウトには少し使い辛いです。とは言え初めて水草を育成する人にはオススメできる強靭な種なので育ててみる価値はあると思います。

アマゾンソード


チャームで詳細を見る

非常にポピュラーな水草入門種の代表的な水草です。サイズが大きく存在感も抜群なので60cm以上の水槽に植えることをオススメします。育成自体は容易ですが放置していると水槽を占拠してしまうので時々外側の古い葉を間引いてコントロールします。

ロタラ・ロトンディフォリア


チャームで詳細を見る

ロタラ系は草姿が美しい人気の有茎草で高光量とCO2添加が基本ですがロトンディフォリアはロタラ系の中でも一番育てやすい水草だと思うので紹介します。

ロトンディフォリアは赤系の水草で好条件ほど赤を引き出せますが、そうでない場合も育成自体は可能です。その場合は段々と赤色が抜けていって黄緑色で落ち着きますが、それはそれで中々綺麗だと思います。

マヤカ


チャームで詳細を見る

マヤカは定番の精細なイメージを与える優しい緑の有茎草です。特にソイル使用時はCO2を添加しなくてもスクスクと縦に伸びていきます。

草は柔らかく食害にもあいやすい傾向がありますが反面、トリミングには強く伸びてきたら差し戻しをすればボリュームを出すことが出来ます。

初心者向きの赤系水草

赤い水草は基本的には強い光とCO2添加をしないと、その色を引き出すことが出来ません。ただ中には好条件を満たしていなくても赤色を維持出来る水草がありますので、その代表種を紹介します。

ルドウィジアsp.スーパーレッド


チャームで詳細を見る

ルドウィジアの仲間は赤系水草の中でも育て易く赤色を保ち安い水草です。中でも本種のスーパーレッドは赤色が濃く数本のみでも水槽内でアクセントを効かすことが出来る水草です。

 アルテルナンテラ レインキー


チャームで詳細を見る

アルテルナンテル レインキーも初心者向け赤系水草として有名です。基本的には中景に植える水草で強い光とソイルの環境下であれば赤色を維持しやすいです。

タイニムファ


チャームで詳細を見る

タイニムファはスイレン科の水草でCO2無しでも赤茶の葉を展開します。好環境下だと大型化するので環境が整っていなくても小さめの草姿で楽しめるので、そのような方にもオススメです。

 

初心者向きな陰性系水草

陰性水草とは他の水草の陰になるような場所でも育成出来る丈夫な水草の総称です。総じて初心者向きの水草が多いので陰性系水草をメインに使って深緑一色に水槽を染めると統一感が出ていいかもしれません。また陰性系水草は低床には埋めずに流木に巻きつけたり石の隙間に挟みこんだりして配置します。

陰性系水草の特徴として成長が遅いのでトリミングの手間が圧倒的に少なく手間がかかりにくいメリットがあります。今回は元々ビギナー向けな陰性系水草の代表種を紹介します。

ウィローモス


チャームで詳細を見る

流木や石に着生(活着)する性質を持つコケ系の水草です(※水槽の汚れとして出るコケは藻類に分類されるのでコケ系水草とは異なります)。正に侘び寂びを表現してくれる水草で初心者だけでなく上級者のレイアウト水槽にも多用される人気の水草です。

モス系は他に南米ウィローモスやウィーピングモスなどの別種がありとても綺麗ですが育成に関してはウィローモスが一番簡単で初心者向けです。

アヌビアスナナ・プチ


チャームで詳細を見る

アヌビアスナナも初心者向けとして非常にポピュラーでどこのショップにもあるような水草で、ナナプチはその半分サイズ以下の小型アヌビアスです。

個人的にはナナプチの方がコケが付きにくく溶けない経験があるのとレイアウトの使い易さの観点から、ノーマルのアヌビアスナナよりナナプチの方をオススメします。

ミクロソリウム・トライデント


チャームで詳細を見る

ミクロソリウムはシダと呼ばれる茎から複数の羽状の葉を伸ばすように生長する水草です。ミクロソリウム系は丈夫で初心者用と良く紹介されますが葉の枚数が増えず意外とみすぼらしい姿になってしまうことも少なくありません。

今回紹介するトラインデントはミクロソリウム系の中でも葉のボリュームがつきやすく、とにかく見栄えがいいのでミクロソリウムの中でも特にオススメの品種です。

 

とにかく枯れない、むしろ捨てる必要さえある最強な水草

これまでも丈夫で育てやすい水草を紹介してきましたが中でも特に環境を選ばずに増え続ける水草を紹介します。

と言っても稀に溶けたりするので過信は禁物ですが他の水草に比べると劣悪な環境に対する適応力が格段に違うので、大体は増えまくって捨てるハメになると思います。

マツモ


チャームで詳細を見る

金魚藻として金魚水槽に良く入れられる水草で見たことある人もいるもしれません。通常のアクアリウムでもマツモは水中の余分な養分を吸い取り水質を浄化してくれる水草として有名で立ち上げ初期の不安定な時期にはマツモの力を借りている人も多いです。

茎を砂に埋めてもいいのですが水中に浮かべておけば、すぐに全面を覆いつくす位増えるので頭付近を残しカットし適宜、廃棄します。

アナカリス


チャームで詳細を見る

こちらも金魚やメダカの水槽に良く入れられる水草で、その最大の特徴としては冬場の低水温に耐えれる強さを持つため屋外で飼育することも可能です。マツモ同様、繁殖力旺盛で増えすぎたら適宜間引いてあげます。

 

【まとめ】丈夫と言われる水草も枯れることはある。その逆も

今回は丈夫な水草の代表種を紹介しましたが勿論枯れてしまう場合もあります。筆者は今回紹介した水草ほとんどを育てた経験がありますが、すぐに溶けてしまったり長期維持が出来なかった経験は結構あります。要因はそもそも購入時の状態が悪かった場合や水槽の水質に合わなかったことが考えられますが、水草を育てているとこういうことは頻繁に起こります。

逆に好環境が望ましいとされている水草をボトルアクアリウムでいっぱい増やしたこともあり、一般的に言われていることが当てはまらないこともありました。なので育てたい水草があったらとりあえず育ててみるというようなスタイルでトライすることも経験値が増えて有意義なことだと思います。

-水草

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.