アクア用品

アクアリウム初心者にも60cm水槽を勧める理由

アクアリウムをこれから始めてみようという方向けの記事です。

初心者の方はまず初めは30cm以下の小型水槽から始める人が圧倒的に多いです。

その気持ちはわかりますし設置スペースや費用も余りかからない等のメリットもあるのは事実です。

しかし、もし設置スペースやお財布の余裕があれば初めから60cm水槽をオススメします。

もちろん初心者以外の方にも60cm水槽は様々な理由からオススメ出来ます。

60cm水槽とは一般的に幅60×奥行30×高さ36cmの水槽サイズのことを指しますが、何故この水槽サイズをオススメするのか以下に理由を書いていきます。

60cm水槽は丁度いいサイズ

60cm水槽は大きすぎず小さすぎないサイズで一般的な熱帯魚や水草を飼育するのに十分です。

これが例えば45cm以下になると飼育出来る熱帯魚の種類や数、水草も結構制限されることになります。

アクアリウムを始めると魚の数や種類を増やしたくなるのは良くある話ですが最初から60cm水槽であれば、少ない数から始めても一般的な小型熱帯魚であれば50~60匹は収容出来ます。

関連記事
水槽に何匹くらいの熱帯魚を飼えるのかの目安

続きを見る

逆に60cm以上のサイズになると次は基本的に90cm水槽になってしまうので、スペースや費用の問題で手軽に導入できるものではありません。

ということで60cm水槽は現実的にある程度、気軽に持てる最大サイズの水槽とも言えます。

選択肢が広い60cm水槽

60cm水槽は冒頭で一番流通している水槽サイズと書きましたが、それ故、水槽周辺用品もラインナップが充実しています。

具体的には照明、フィルター、水槽台、そして水槽そのものも選択肢の幅が広いです。

特に照明はその傾向が顕著で60cm用の照明は様々なタイプから選べます。

これが45cm水槽だと一気に選べる幅が狭くなってしまうので45cmを選ぶと逆にコストが高くなってしまう場合もあります。

そういう意味でも60cm水槽は商品選びに困ることはまず無いのでオススメする理由の一つです。

60cm水槽の重さ

60×30×36cmのガラス水槽は約14kgで、これは一般的な男性であれば一人で運べる重量で、女性でも、いける人はいけると思います。

また水は60リットル程度入りますので水が入った60cm水槽は74kg前後になります※低床の厚さや石等のレイアウト素材の量によって前後します。

他の主なサイズの水量は以下のようになります。

幅×奥行き×高さ(cm)水量
30×18×2412リットル
30×30×3025リットル
45×30×3036リットル
60×30×3660リットル
60×45×45112リットル
90×45×45166リットル
120×45×45219リットル

この表を見ると、やはり60×30×36cm水槽が一人で気軽に管理出来る適当なサイズだということがわかるかと思います。

90cm以上はスリムタイプ以外を除けば一人で持ち運ぶ等の作業が困難になります。

レイアウトのやり易さ

60×30×36cm水槽はレイアウトが初心者でも、やり易いと特徴もあります。

レイアウトの基本構図である三角構図、凹構図、凸構図どれを選んでもしっくりきます。

構図について詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

関連記事
水草レイアウトにおける三つの基本構図を紹介!

続きを見る

これが例えば30×30×30cmのような所謂、キューブ状の水槽だと上記のような構図を作るのが難しくなります。

ですので60×30×36cmという水槽サイズは縦横比や奥行きについても、レイアウトが行いやすいサイズと言えます。

オススメな60cm水槽

最後に特にオススメな60cm水槽を紹介します。

キューブガーデン (ADA)

ADAの水槽、キューブガーデンの透明度とシリコンの処理は他メーカーのガラス水槽を寄せ付けません。

ADAの水槽は他メーカーと比べると少し高価ですが60cm水槽までなら、そこまで大きな価格差は無いです。

長く使えるものでもあるので水槽自体のクオリティを求めるならADAのキューブガーデンをオススメします。

スーパークリア アクロ60S


チャームで詳細を見る

アクアは通販サイトチャームのオリジナルメーカーですが、このアクロのスーパークリアはADAの水槽の透明度と遜色無いと評判です。

ADAの水槽は特約店でしか購入出来ないので通販でハイクオリティな水槽を求めるならこの水槽をオススメします。

エーハイムグラス水槽 EJ-60


チャームで詳細を見る

水槽の透明度等に、こだわりが無くきちんとしたメーカーのもので安い水槽を求めるなら、エーハイムグラス水槽EJ-60をオススメします。

透明度やシリコンの処理は値段なりという感じですが、有名メーカーが出してる60cm水槽の中では一番安いです。

特に割れやすいとか品質に問題がある水槽では無いので、なるべく安く水槽を購入したい方にオススメです。

まとめ

結局60cm水槽は万能ですよというお話でした。

値段、水量、サイズ、汎用性が他のサイズの水槽に比べて優れているということですね。

最初の出費は小型水槽よりは嵩みますが思い切って60cmにしてみるメリットを紹介したくて、この記事を作成しました。

勿論、設置スペース等、小型水槽には小型水槽のメリットも沢山ありますので一概に60cm水槽が良いという訳ではないのですが一度は検討してみてはいかがでしょうか。

-アクア用品

Copyright © アクアリウムの始め方 , All Rights Reserved.