トラブル対策

水槽に出る油膜の除去や予防方法まとめ

更新日:

油膜とは水面に薄く白い油のような膜が張った状態のことを指します。油膜はそれ自体に毒性はありませんが美観を損なうことの他にもライトの光を遮りぎったりカビの温床になることもあります。

今回は油膜の発生原因や取り除く方法、また油膜を出さないための予防策についても書きたいと思います。

 

油膜の原因

油膜の原因は主に下記のようなことが考えられます。

  • 餌の食べ残し
  • 枯れ葉やフィルター内の汚れ
  • バクテリアの死骸
  • 魚の死骸

要は水槽内に漂う有機物が分解される過程で発生するたんぱく質が主な油膜の発生原因と考えられています。

 

油膜を除去しよう

では油膜の取り除く代表的な方法を順に紹介します。

ちなみに油膜を新聞紙やキッチンペーパーなどで一時的に除去しても次の日には同じ状態に戻っていることがほとんどなので、その方法はオススメしません。

フィルターを洗浄する

油膜はフィルターを洗うと解決することが非常に多いのでまず一番最初にしたいことがフィルターの洗浄です。フィルター内のろ材だけで無くホースに溜まった汚れも綺麗にします。

エアレーションを行う

エアレーションを行うことによって水面を揺らし油膜自体を溶かします。また水槽内の溶存酸素量が増えることによってバクテリアの酸欠を防ぎますので油膜の原因がバクテリアの死骸だった場合エアレーションで大幅な改善が見込めます。

フィルターの出水で水面を揺らす

上の項目と内容は被りますが油膜は水面の揺れない状態だと表れやすいです。そこでフィルターの出水で水面を揺らすような配置にすると油膜の予防・除去に繋がります。

ブラックモーリーを入れる

油膜を食べてくれる生体もいます。メダカやプラティの仲間も食べてくれますが最も積極的に食べてくれるのはブラックモーリーです。60cm水槽に1匹いれておけば数日後には水面が綺麗になっているでしょう。


チャームで詳細を見る

油膜取りフィルターを使用する

水中内にスキマーの役割を果たす油膜取り機がメーカーから発売されています。水槽内に設置すれば数時間後には油膜は消えて無くなります。

各社から似たような商品が出ていますが個人的にオススメなのがエーハイムから出されているもので吸い込み能力に優れ動作も安定しています。また水流を起こすことも出来るので小型フィルターのような使い方も出来ます。


チャームで詳細を見る

 

油膜を出さないための環境作り

油膜は水槽内の水質の状態を示す一つの指標とも言えますので油膜が出ているということは何らかのバランスが崩れている可能性があります。

上で紹介したブラックモーリーやスキマーで油膜を取っても根本的な解決にはなっていないので、水換え頻度を高めたりエアレーションを追加し水質の状態を上げていく取り組みが必要だと言えます。

また発生原因になりえる餌の量の見直しや水草の枯れ葉を取り除くことなど基本的なことにも注意をしたいです。

 

多少の油膜ならそこまで気にしなくてもOK?

油膜はセット初期の水質が安定してない時期が特に出易いですが水質が安定してても多少の油膜が出てしまうことはあります。

少しの油膜であれば無理して除去せずに放置して普段通りの水槽管理を行い時間が経ちいつの間にか消えていることもあるので、薄めなの油膜であれば思いきって無視してもいいかもしれません。

-トラブル対策

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.