トラブル対策 病気

水草水槽にも使える治療薬アグテンの正しい使い方

更新日:

アグテンは水草が入っている水槽にも使える観賞魚の治療薬で白点病・尾ぐされ病・水カビ病の治療に効果があります。

そこで今回私が飼育しているベタが尾ぐされ病と白点病にかかってしまったので常備してあるアグテンを使用し薬浴しました。

ただ使用する前に説明書を読んでもわからないことがあり今回、発売元の日本動物薬品株式会社に問い合わせを行い正しい使い方を確認してから薬浴を行いましたのでそれをこの記事でまとめました。

薬浴中のライトは消した方がいい?

結論から言うとライトは消した方がいいようです。

理由としてはライトの波長的に紫外線を発生させるタイプの物も有り薬剤を分解してしまい薬効が薄まる場合があるためとのことです。

ただ薬浴中ずっとライトを消灯していると水草は確実に弱まります。ですのでライトを出来れば点けたい場合は蛍光灯より紫外線を含まないLEDライトを使用した方が良いみたいです。

同じ理由で直射日光が水槽に差し込んでしまうとやはり影響があるので窓際に水槽を置いている方は注意しましょう。

ちなみに室内のライトの光りについては影響はほぼ無いようなので気にする必要は無いと思います。

今回私は窓際に水槽を置いていたので光りが入らない場所に水槽ごと移動させました。

また水草は丁度コケに悩まされていたのでライトを付けず遮光した状態で薬浴を行うことにしました。

水草水槽にアグテンを使用する方法

これは説明書にも書いてあることですが改めて紹介します。

まず投薬量を決めます。飼育水100リットルに対してアグテン10mlを添加なので一般的な水槽に換算すると

幅×奥行き×高さ(cm) 水量 アグテンの量
20×20×20 8リットル 0.8ml
30×18×24 12リットル 1.2ml
30×30×30 25リットル 2.5ml
45×30×30 36リットル 3.6ml
60×30×36 60リットル 6ml
60×45×45 112リットル 11ml
90×45×45 166リットル 16ml
120×45×45 219リットル 22ml

このような感じになります。

ただ基本的に60cm以下の小型水槽に添加することが多いと思いますのでアグテンの細かい量を測る時に困ると思います。

アグテンのフタは上の部分で測れるようになっているのですが5mlか10mlの目盛しかありません。

厳密に測りたいときは困ると思いますのでそんな時は

持っていればテトラの試薬キットに付属してくる試験管を使用するか

ホームセンターで売っている試験管を使用するとある程度正確に測れると思います。

水草水槽にアグテンを使用する流れ

では実際にアグテンを水槽に使用する流れについてまとめます。

例として今回、私の水槽は10リットル弱なので約1mlを投薬します。

1ml投薬2~3日空ける飼育水1/2程度換水+1ml投薬2~3日空ける飼育水1/2程度換水+1ml投薬

要は2、3日おきにアグテンを規定量添加しその際、同時に水槽の飼育水も半分程度水換えを行いこれを繰り返します。

この水換えをする意味は水草のために行っているため水草が無い場合は必ずしも水換えは必ずしもやらなくていいそうです。

ただ白点病の場合は水中に浮遊する白点虫を取り除くという意味で上記のようなサイクルで水換えを行った方がいいと個人的には思います。

いつまで薬浴するのか

例えば白点病の場合は魚から白点が剥がれてもまだ水槽内に病原虫が死んでいない場合があるので魚の症状が回復してもその後一週間程度は薬浴を継続することをオススメします。

アグテン使用上の注意点

前述したライトの光や直射日光以外で使用上の注意点をまとめます。

※説明書の特にポイントとなる部分を転機しています。

  • 海水魚には使用しない
  • アロワナなどの古代魚、大型魚には使用しない
  • 水槽のシリコンやエアーチューブ等に着色する場合がある
  • 植えたばかり水草及び赤系水草には使用しない
  • UV殺菌灯を設備している水槽には使用しない
  • ろ材に活性炭やゼオライト等の吸着素材を使用している場合は取り除く

アグテンの良い所

icon
 iconチャームで詳細を見る icon

アグテンと同じ効果を持つ薬にメチレンブルー水溶液がありますがメチレンブルー水溶液と比べ以下のようなメリットがあります。

  • メチレンブルー水溶液と比べ着色が少ない
  • 水草にも影響が少ない

まず着色についてですがメチレンブルー水溶液がかなり濃い目の青色なので水槽のシリコンやホースに必ず着色し色素が落ちないです。

実際に水槽の水もかなり青くなります。

対してアグテンは自分の使用した限りでは着色はほぼ見られないです。水槽の水も透明なままです。

またメチレンブルーには水草を枯らしてしまう成分が入っているので基本、水草水槽には使えませんがアグテンは影響が少なく個人的にも使用した後も水草が枯れたことはありませんでした。

まとめ

今回は水草が入っている水槽にアグテンを使用する際のポイントについてまとめました。

私の場合はベタを単独飼育していたので水槽ごと薬浴を行いましたが別の水槽に隔離して薬浴を行う方法もありますので状況にあわせて選択すると良いかと思います。

 

-トラブル対策, 病気

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.