アクア用品

水槽台の種類や選び方・注意点

更新日:

水槽を購入したら水槽を置く台が必ず必要になります。アクアリウムをやる上で最大のリスクは水槽が割れて水がこぼれてしまうことです。水槽台は水槽を支えるとても大事な土台になりますので慎重に選びたいところです。

 

メタルラックは水槽台に使えるか?

ルミナス メタルラック カラーラック ホワイト 3段 ポール径19mm 幅45.5×奥行29.5×高さ76cm LCR45-3WH

耐荷重が高い為、意外と使用者も多いと思われるメタルラックですが、水槽が割れてしまったという報告も多いです。
主な理由としては

  • 防水仕様では無い為、水がついた時に放置しまうとそこから錆びて劣化してしまう
  • 水槽全体を支えるのでは無く一部で支えるような置き方になってしまう

以上から基本的にはメタルラックを水槽台にするには少々リスクがあります。もしそれでも使いたい場合は

  • ルミナスなど実績があるしっかりしたメタルラックを選ぶ
  • 耐荷重に余裕を持たせた上で水槽の設置面に厚めの天板を必ず引く

上記のような条件を満たしかつ、60cm以下の水槽に限定すれば重量もさほど無いので比較的安全に使えるのではないでしょうか。

 

テレビ台のような家庭用家具は水槽台に使えるか?

メタルラックと同じですが耐荷重と耐水性の観点から基本的にはオススメできません。フィルター等の周辺器具も中に入れれるような構造になっている家具は少ないでしょうからやはり専用台よりは性能面で劣ってしまいます。但し20cm以下のような小型水槽では水槽全体の重量も大したことは無い為(20×20×20cmの水槽で約10kg)耐荷重に余裕があれば使うことは可能です。

過去に筆者も全体重量10kg~20kg程度の水槽を家庭用家具の上に置いていましたが特に問題は起きませんでした。その際に注意したいのが天板の厚さです。薄く耐久性が無い天板ですと時間の経過と共に天板が歪んできます。その歪みは水槽へ影響し小型水槽と言えど最悪割れてしまうことも考えられます。ですので台の天板に歪みが無いかどうか定期的にチェックした方がいいでしょう。

 

水槽専用台の選び方

各アクアメーカーから発売している水槽台は様々な種類があります。そこで選ぶ際に念頭に置いておいた方がいいポイントをまとめました。

好みな高さを選ぶ

幅や奥行きに関してはその水槽サイズ用のものを購入すれば問題ないと思いますが高さについても考えておきましょう。筆者の場合は座った時に正面から魚を鑑賞出来るよう高さを抑えたロータイプのものを購入しています。

ロータイプは鑑賞し易いだけでなく水槽の照明が眩しくないというメリットもあります。逆に水かえなどのメンテナンスの際には中腰状態を強いられる為ちょっとやり辛いなと感じます。

収容を考える

アクアリウムをやるにはフィルターや餌、メンテナンス用品など結構色々なものが周辺に増えていきます。それらのものを収納することを考えて水槽台を選ぶといいと思います。

水槽台には大きく分けて中に物が収容できるキャビネットタイプかフレームがむき出しのものがあります。フレーム水槽は比較的安価で購入が出来ますが性能とデザインの両面で基本的にはキャビネットタイプがオススメです。


チャームで詳細を見る

実績がある水槽台を選ぶ

各アクアメーカーから水槽台は発売されていますが、その評判をレビュー等で確認出来ますので、信頼性があるメーカーから出されたきちんと評価されている商品から選んだ方が安全です。

 

水槽台をオーダーメイドする

既製品で気に入った形や大きさが無ければ好みのサイズや色を指定してオーダーメイドする方法もあります。代表的なリンク先を紹介しておきます。

特に一番上のリンク先、福岡県にある家具屋さんの「MorinoOkurimono(森の贈り物)」が製作する水槽台「Cube a Stamp」は非常にクオリティが高くアクアリストの中では評判の品となっています。

やや値段は張りますがそれでもADAの水槽台よりは安く細かい調整も可能なので妥協しない水槽台を選びたい方は参考にしてみて下さい。googleで「Cube a Stump」と検索すると使用者の写真も結構出てくると思います。

-アクア用品

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.