アクア用品

夏場の水温対策用ファンやクーラーについて解説

更新日:

気温が30度を超えるような季節になると水槽内の水温に気をつける必要があります。熱帯魚という名前から高水温に強いというイメージがあるかもしれませんが大体の熱帯魚は日本の夏の水温に耐えることが出来ません。今回は夏場の水温を下げる器具についての種類や、水温管理についてまとめたいと思います。

 

観賞魚や水草にとっての適正水温

種類にもよりますが魚も水草も大体22~28℃くらいが適正水温です。夏場の水温は無対策だと30℃を超えますので水温を下げる何かしらの対策が必要となります。

水温が30℃を超えるとすぐに魚が死んでしまうという訳ではないのですが、水温の上昇に伴い水中内の酸素が減り水が汚れやすい状態になります。その結果、魚が酸欠や病気になりやすい状態になり最悪死んでしまいます。

また水草にとっても水温が上がると水中内のco2濃度が下がるので光合成の妨げとなり水草の育成にとっても高水温は良くありません。また水草によっては20℃程度の低水温を好む種類もありますので、他の条件が整っているのに元気が無い場合は水温が原因となっているかもしれません。

 

器具による水温の下げ方

それでは具体的にどう水温を下げるのか説明します。主な水温の下げ方は以下のようになります。

  • 水槽用冷却ファン
  • 水槽用クーラー
  • 家庭用エアコンや扇風機

水槽用冷却ファン

最も簡単で安価な方法が水槽用の冷却ファンの設置です。卓上ミニ扇風機をイメージして貰えるとわかりやすいかもしれませんが、あのような形の装置を水槽の淵に設置し、水面に風邪を送り気化熱の効果によって水温を3~4度下げます。

デメリットは結構うるさいこと、器具自体が目立つのでインテリア性に欠けること、水の蒸発が早くなることです。

水槽用クーラー

最も確実に水温をコントロールする方法がこの水槽用クーラーです。他の方法と違い水温を細かく設定可能でファンのような水の蒸発はありません。

ただしアクア用品の中ではかなり高価な部類(60cm水槽用で2万円前後~)なのと設置が大変な為、初心者用とは言えません。シビアな水質管理が求められる海水水槽やビーシュリンプ水槽をやりたい人向けだと思います。

エアコンや扇風機を使う

部屋についているエアコンの冷房機能で部屋を丸ごと冷やしてしまおうという作戦です。仮に冷房の設定温度を28度程度に設定しておけば水温が30度以上になることを予防出来ます。特にこれは部屋に複数の水槽がある場合に効果的だと思います。筆者は色々と試した結果、一番手軽で自分の環境にあっているこの方法を毎夏採用しています。基本的には24時間つけっぱしになるので電気代がかかってしまうのがデメリット(基本、月1万円をオーバーします)ですが普段家に長くいるような人には自分も涼めて水槽も冷やせる一石二鳥な方法です。

また筆者は水槽用冷却ファンでは無く家庭用の扇風機やサーキュレーターを使って水温対策したこともあります。水槽用ファンのように水槽にとりつける必要が無い為、ある程度の高さにサーキュレーターを置いて水面めがけて送風すれば水槽用冷却ファンと同じ効果が得られます。最近は静音化に優れた製品もあるので、そういった家庭用商品を利用してみるのも有効だと思います。

 

自分で出来る水温対策

道具を使うのでは無く自分で工夫することによって水温が出来る限り上がらないようにする方法を紹介します。

水槽の設置場所を考える

まず直射日光が当たるような場所は太陽の影響で水温が不安定になる為なるべく避けた方がいいです。また水温だけでなく苔も発生しやすくなる為、基本的には直射日光を避け風通しがいい場所に水槽を設置することをオススメします。

照明の点灯時間と水面からの距離を考える

照明が点灯している間は照明自体が熱を持つのでそれが少なからず水温に影響します。ですので夏場は出来るだけ水槽から照明を離し点灯時間も普段より短めに設定する方法が水温の上昇を予防する一つの手段としてあります。

エアレーションで酸欠を予防する

高水温になると酸素が不足気味になるのでエアレーションをすることによって生体の酸欠を予防します。酸欠状態になると魚やエビが水面までに上がってきて口をパクパクするような仕草を見せるので、そのような状態になったらすぐにエアレーションをして下さい。また水中に酸素を送り込むことによってろ過バクテリアにも良い影響を与えるのでエアレーションはとても重要な役目を果たしてくれます。

水換え頻度を高くする

夏場は水が汚れやすいのでいつもより水換え頻度を高めにしておくと水を綺麗に保つ助けになります。注意点として水槽内の水温が高いからと言って冷たい水を大量に入れてしまうと水温が急激に変わり生体にダメージを与えかねないので止めましょう。

 

まとめ

今回は夏場の水温対策についてまとめました。生体の種類にもやりますが基本的に水温30度を超えないように管理しましょう。実は冬はヒーターで水温を簡単に管理出来るのですが夏場の方がアクアリストにとってはやっかいな季節だと言えます。従って水槽を立ち上げる際は出来れば真夏は避けた方がいいと言えるでしょう。

-アクア用品

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.