熱帯魚

美しい闘魚 ベタの飼い方や注意点まとめ

更新日:

今回はどこのアクアショップでも売られている定番の人気熱帯魚、ベタの飼い方についてまとめました。

丈夫と言われる本種ですがいくつか注意しなければいけない点もあるのでご覧下さい。

ベタってどんな魚?

ベタはタイ原種の熱帯魚で水たまりのような水の流れの少ない沼や池に生息しています。ベタは改良品種が盛んに行われている魚で、お店で売られているベタは長いヒレと派手な色彩を持つ鑑賞性の高いベタが並べられています。

ベタは闘魚とも呼ばれオス同士はどちらか死ぬまで激しい喧嘩をし、その争いの勝敗がタイでは賭けの対象となっていた歴史があります。

ですのでオス同士は一緒の水槽では飼うことが出来ません。

またラビリンス器官と呼ばれる特殊なエラを持ち空気中の酸素を取り込むことが出来ることから酸欠に強い魚なので、小さい容器で飼うことが出来る丈夫で綺麗な初心者向きの熱帯魚とも言われます。

 

ベタの種類

改良品種が盛んな本種ですが細かく正確に分類するのは難しく大まかにベタのタイプを分けると以下の5種類がベースになると思います。

トラディショナルベタ


チャームで詳細を見る

一般的にベタと言われればこの種を指すベタの最も一般的な種で濃い目の赤や青など鮮烈な一色に染まったシンプルに美しいベタです。

定番種なので価格も安く初めてのベタ飼育にもオススメな種でもあります。

クラウンテール


チャームで詳細を見る icon

トラディショナルベタのヒレが裂けたような切れ込みが入った種です。ヒレの切れ込み方でグレードが変わり深く切れ込みが入った魚ほど評価が高い傾向があります。

スーパーデルタテール、ハーフムーンテール

トラディショナルベタより更にヒレを大きく、そして模様も美しく改良された「ショーベタ」とも言われる種類でベタ愛好家達によって品評会も時折行われる大変美しい種です。

尾の開き具合によってデルタテール→スーパーデルタ→ハーフムーンクラスと言うようにクラス分けされています。

プラカット


チャームで詳細を見る icon

原種に近い短いヒレを持つベタです。以前は闘魚用として改良されていましたが最近だと鑑賞性に優れた種も世に出回り上の画像の鯉のような模様を持つ「コイベタ」が人気を博しています。

カラーバリエーションも非常に豊富で好みの色を選ぶ楽しみがあります。

ワイルドベタ

品種改良される前の原種のベタです。上に紹介した改良ベタ達のような派手さはないですが、独特の渋さがありそこまで気性が荒くない種類もいるのでペアで飼育出来る場合もあります。

但しワイルドベタはジャンプ力が強いので飛び出しし易いことからフタが必須になります。

 

ベタの特徴や飼育方法、注意点

ベタは単独飼育が基本

先述したようにオス同士は激しく争うためオス同士を同じ水槽内に入れることは出来ません。ちなみにヒレが長く美しいのはオスなので販売されているのはオスがメインになります。

オスとメスを一緒に入れるのもペアですとオスがメスに喧嘩を仕掛ける場合があるので基本的には難しいです。メス同士なら混泳出来る場合もありますが二匹だとどちらかがいじめられる場合があるので3匹以上で飼育すると逆にトラブルになりにくいです

他の魚との混泳については後述します。

小型水槽で育成可能だが狭すぎるのはNG

ベタは酸欠に強く水質の悪化にも強いことから小型水槽で育成可能です。但しショップでも非常に狭い環境で売られているケースも目立ちますがどんなに小さくても1.5~2リットル程度の水量は確保しないと健康的に長期育成することは難しいです。

他の熱帯魚でも同じことが言えますが水槽が小さければ小さい程、育成難易度が上がると思って下さい。それは丈夫と言われているベタも例外ではありません。

またベタはコレクション性の高い種なので下記のような複数のベタ飼育に適したセパレートがある水槽も売っています。


チャームで詳細を見る

水流は弱めにする

ベタは元々水の流れが少ない場所に住んでいるため強い水の流れが苦手です。そのためフィルターの水量は弱めに設定しベタの負担にならないようにします。また既に水質が安定している水槽で水換えをきちんと行うことが出来ればフィルター無しと言う選択肢もありだと思います。

飛び出しを予防する

ベタはジャンプ力が強いため(特にヒレが短いワイルドベタとプラカット)水槽から飛び出ししてしまうという報告が多数されています。

水槽に蓋をするか水槽の水位を下げるようにして飛び出しを予防しましょう。

ヒレのスレに注意

ベタの大きなヒレは他の熱帯魚より繊細に出てきている為、網で掬うときや水槽内の流木などにひっかかり傷がついてしまうことがあります。それが原因で病気になってしまうこともあるのでネットで掬うときは注意して下さい。

また枝流木や石などのレイアウト素材もベタのヒレにひっかかるような形状のものは設置しないようにしましょう。

冬はヒーターを設置


チャームで詳細を見る

ベタは比較的、低水温にも強いですがそれでも熱帯魚なので冬はヒーターで加温しないといけません。水温が20℃を下回るようであればヒーターを設置し保温して下さい。小型容器であれば水槽内の景観を邪魔しないパネルヒーターでも保温は可能です。

また上記のように非常に小型なベタ用のヒータも売られているので3~4リットルくらいの容器で飼育している場合は上記のようなヒーターを使用します。

また水温の上限としては他の熱帯魚と同様に30℃以下が目安です。

水質は中性から弱アルカリ性が理想

ベタの理想のpHについては弱酸性~中性程度が常識となっていますが(筆者もそう思っていました)実際は逆でpH7.0~8.0程度の中性~弱アルカリ性程度で飼育する方が良いそうです。

ワイルド(野生で採集された個体)は除きます。ワイルド個体については概ね酸性寄りの水質で生息していますが種によって異なります。

理由としてはベタはタイのファーム(養殖場)で育てられ日本へ輸入されますがタイのファームで使用している水のpHが概ね弱アルカリ性の硬度が高めな水質で育てられているからです。

但しベタのpHの適応範囲は広いので弱酸性程度であればほとんどの種は問題無いと思います。

ベタを飼育する際にマジックリーフ等を使用してpHを下げる方も多いと思いますが日本の水道水は中性~弱アルカリ性の地域が多いので特に調整の必要は無いというのが筆者の調べた限りの結論です。

pHについて詳しくは以下の記事でも書きましたので宜しければご覧下さい。

ベタの適したpHは弱酸性ではない?本来適した水質は?

ベタに適しているpHは弱酸性~中性が理想と言われていますが今回筆者がたまたま見たベタ専門店の方がアッ ...

続きを見る

ベタのフレアリングについて

ベタは前述の通り縄張り意識の高い熱帯魚です。ベタは同種間で縄張りを主張する際にヒレを目一杯広げます。

この行動をフレアリングと呼びますが、このフレアリングした状態は非常に見応えがあって美しいです。

ベタは単独飼育するため普段はフレアリングをすることはありませんが、意図的にフレアリングをさせることが出来ます。

その方法は簡単で手鏡をベタに前に持って行ってやるだけです。

フレアリングは観賞面だけでなくベタのストレス発散やヒレの状態を綺麗に保つために一日数分から10分程度を目安にやらせると良いでしょう。

一日中フレアリングをさせてしまう状態はベタの体力を奪ってしまいます。ベタ水槽を隣合わせにする際やバックスクリーンでベタ自身が反射してしまう場合もあるので、水槽の合間に仕切りを設置するなど対策を行って下さい。

但し上記の方法をとっても個体によってはフレアリングしてくれないベタもいます。もしかしたら縄張り意識が薄い個体なのかもしれませんから、そのようなベタには無理にさせる必要はありません。

ベタに向いてる水草


チャームで詳細を見る

ベタは時折、水草にもたれかかるように休みます。これが何ともかわいいので丸くて、大き目の葉を持つ水草を入れてあげるとそのような行動を見せてくれます。

具体的にはアヌビアスナナやアマゾンチドメグサ辺りがいいのではないでしょうか。

アヌビアスのように硬い葉の水草はベタのヒレを傷つける可能性があるという意見もありますが個人的には一度も問題になったことは無くベタ愛好家の方の水槽でもアヌビアスナナは良く見かけます。

水草を入れるスペースが無い場合は上記のおやすみリーフ(人工水草)を使ってみるのもいいでしょう。

ベタの餌について


チャームで詳細を見る

ベタに適している餌は浮遊性があり小さい粒タイプのものがオススメです。

理由としてはベタは体の大きさの割には口が小さく大きな餌は食べることが出来ません。

また基本水面に浮かんでいる餌にしか興味を示さないため底に沈んだ餌は食べないです。

そのような特徴を考えられて作られたベタ専用餌が上記画像のキョーリン ひかりベタ アドバンスになりますので迷っている方はこちらをオススメします。

餌の量は基本一日5粒程度で十分だと思います。また出来れば一辺に水面に浮かべるのではなく一粒ずつあげるとベタが食べやすいと思います。

稀に人口飼料を食べてくれないベタもいますがその際は乾燥赤虫を与えてると食べてくれます。

実際に私が飼育しているベタは人工飼料を食べないどころか興味すら示さなかったのですが(数種類の人工飼料を試しました)乾燥赤虫を与えたらすぐに食いついてくれました


チャームで詳細を見る

但し赤虫だけ与えていると栄養のバランスが偏ってしまいますので人工飼料にも段々と慣れさせていくことが必要です。

ですので赤虫を与えつつもたまに人工飼料も与えベタに食べて貰うように餌やりを工夫します。

理想は人工飼料メインでたまに赤虫を与える程度がベタの健康にとっていいと思います。

ベタの混泳について

ベタのオス同士の混泳は出来ないと先に紹介しましたが他の魚との相性はどうか考えてみます。

まず前提としてベタにも性格の個体差がありネット上などの情報でうまくいってる組み合わせが、自分の水槽でもそのままそうなるかは、やってみなければわからないです。

ですのでやはり単独飼育が理想ではあるのですが、それでも混泳に挑戦したい方に基本的な考え方を紹介します。結論から言うと遊泳層がかぶらない大人しい魚とならうまく共存出来る可能性が上がります。ベタは上層付近を泳ぐので下層から中層を泳ぐ縄張り意識が少ない性格が温和な魚を選びましょう。

また小型のミナミヌマエビは食べられてしまう可能性があるので基本は避けるべきです。ヤマトヌマエビは食べられることはありませんがベタを警戒し隠れるようになりコケを食べなくなる時があります。

具体的にはコリドラス系やオトシン、小型ラスボラあたりが無難だと思います。

避けた方がいいのは以下のような魚達です。

  • 小型カラシン:ベタのヒレがテトラ達にかじられる可能性があります(ヒレの短いプラカットなら可)
  • グッピー:遊泳層が被りヒラヒラした尾にベタが反応し攻撃する可能性があります
  • グラミー系:近い種なのでベタが攻撃的になりやすい傾向があります
  • 小型のエビ:ミナミヌマエビ位のサイズのエビはベタに食べられてしまう危険があります

【まとめ】ベタを売っているお店選び

ベタはどこのお店でも売っているポピュラーな熱帯魚ですがコップ一杯程度の水量しかない劣悪な状態で売っている光景を割と頻繁に見かけます。

そのような状態でも生きること自体は出来ますがいい健康状態とは決して言えません。ベタを買う際はなるべくきちんと個別の水槽に入れて売っているお店で買うようにしたいです。

またコレクション性が高い熱帯魚であることからベタ専門のショップもあります。そのようなショップでは他のお店では中々見ない綺麗な模様のベタも売っていますのでベタを沢山見てみたい人は是非足を運んでみて下さい。

 

-熱帯魚
-

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.