アクア用品

チャームのアクロLED照明の各タイプを比較

更新日:

チャームのオリジナルブランドのアクロLED照明は非常にコスパが優れたライトです。

下記の記事で各メーカーのLEDを比較しましたが他メーカーのLEDを寄せ付けない圧倒的な光量と値段の安さが判明しました。

アクアリウム用人気LED照明まとめ

  LED照明で水槽を照らすことはアクアリウム界のスタンダードとなりました。最近ではしっか ...

そんなアクロLEDは現在、海水用を除いて4タイプ発売されています。今回はその内の淡水用であるBRIGHT、GROW、OVAL、RECTANGLEの4タイプを検証しどのような点が違うのか比較したいと思います。

筆者はアクロのLEDは所有していないのですがチャーム本店iconやAmazonのレビューを全て読みその上でスペックを細かい所まで見た上で記事を作成しましたので参考に出来る部分があれば幸いです。

アクロLEDの各違い

デザイン

まずは外見から。TRIANGLEと商品名に付くように三角形の特徴的なフォルムのBRIGHTとGROWはデザインは全く一緒です。

OVALは丸みを帯びたデザインで唯一ブラックのボディが選択出来ます。RECTANGLEはOVALをフラットにしたデザインで他のLEDでも最も良く見るスタンダードなデザインとなっています。

またOVAL以外は上部に溝があり別売りのワイヤーを購入することで吊り下げ設置が可能になります。

スペック比較

アクロのLEDはRERECTANGLEを除いて30、45、60、90、120cm水槽用(RERECTANGLEは45cm用は無し)がラインナップされていますが、最も一般的な60cm水槽で比較します。

他のサイズも色温度や演色性は共通しています。
※価格はチャーム本店iconのセール時では無い価格を参照していますが記事作成時から変動している可能性があります。

商品名 ルーメン 色温度 演色性 消費電力 価格(税込み) 1lm/円
TRIANGLE BRIGHT 4200lm 7300K Ra80 36.6W 9,310円 2.2円
TRIANGLE GROW 3000lm 7200K Ra93 29.4W 9,310円 3.1円
OVAL BRIGHT 3250lm 7300K Ra81 20.1W 6,420円 2円
RECTANGLE BRIGHT 3250lm 7300K Ra81 20.1W 6,134円 1.9円

この表を見るとOVALとRECTANGLEはデザインが違うだけでスペックは全く一緒のようです。

一番右の項目は1lm当り何円かを計算して出したものですがGROW以外は約2円でどのモデルもコスパは抜群です。

この中では高いGROWでも他メーカーLEDよりは断然安いです。

TRIANGLE BRIGHTとTRIANGLE GROWの違い

デザインが全く一緒のこの二機種で迷う人が多そうなので違いをまとめておきます。

・光量 BRIGHT>GROW
ブライトの方が単純な光量は高いです。他メーカーでも60cm用で4200lmは他にADAのアクアスカイG602くらいしかありません。

・演色性 GROW>BRIGHT
BRIGHTは演色性93と現行LEDの中でもかなり高いです。なので水草や生体はこちらの方が綺麗に見えるはずです。

・波長 GROW>BRIGHT
光量はBRIGHTの方が上ですが水草に必要な波長、特に赤の波長をカバーしているので波長はGROWの方は優秀です。

どちらが水草を育てやすいか

個人的見解ですが波長よりも全体光量の方が大事だと思うのでBRIGHTの方が優れているのではないかと思います。GROWの光量でもほぼ問題無いと思いますが例えば水深45cmの水槽であればGROWのルーメンだと前景草の育成に若干不安が残ります。

但しGROWでも基本的には全く問題無いですし育成する水草によっては波長が優れたGROWの方がいい結果が出る可能性もあります。

またBRIGHTのルーメン数は過剰とも言える強い光なのでコケを誘発させやすいです。例えば陰性水草メインであればここまでの光量は必要無いので演色性や波長に優れたGROWの方がオススメです。

 

アクロLEDの弱点

レビュー等で各タイプ共通で指摘されていた唯一とも言えるネガティブなポイントが水槽が黄色く見えるという意見です。それは演色性が高いGROWでも指摘されていました。

各LEDとも色温度7300K程度で極端に低い訳では無いのですが最近は9000Kくらいの商品も多いのでそれらのLEDと比較すると黄色い印象を与えるとは思います。

ただし個人的経験ですがこれは慣れの問題が大きいと思うのでその水槽だけ見てれば余り気にならなくなります。

 

どれを選択すればいいのかポイントまとめ

それでは最後に各タイプの特徴を踏まえて判断基準になりそうなポイントをまとめます。

・光量はTRIANGLE BRIGHTが一番高い
・OVALとRECTANGLEの違いはほぼデザインの違いのみ
・演色性と波長はTRIANGLE GROWが一番良い
・本体の色はOVALのみ黒が選択可能
・GROW、RECTANGLE、OVALは光量がほぼ同等

 

正直言うとそこまで大きな違いは無いので見た目重視で買っても大きく期待を裏切られることは無いと思います。以下各LEDの商品リンクでレビューも大量にあるので参考まで。


チャームで詳細を見る


チャームで詳細を見る


チャームで詳細を見る

icon icon
チャームで詳細を見る icon

 

-アクア用品

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.