ボトルアクアリウム

ボトルアクアリウムに向いてる熱帯魚やエビを紹介!

更新日:

空き瓶やフラワーベースなどのガラス容器で水草や生き物を飼育することをボトルアクアリウと呼びます。

生き物も飼育出来ることは出来るのですがフィルターを付けないことや水量も少ないことからボトルアクアリウムで飼育出来る生き物は丈夫な種でないと難しいです。

この記事ではボトルアクアリウムでも飼育が可能な丈夫で綺麗な魚やエビを紹介します。

アカヒレ


チャームで詳細を見る

ボトルアクアリウムでは定番の魚です。

アカヒレはコッピーという名前で売られていることもありコッピーはコップ一杯の水でも飼育出来るという所から名づけられたようです。

さすがにそのような超少量の水では長く生きさせることは難しいですがその名前に負けないくらいの強靭な生命力を誇ります。

結論から言うとアカヒレは現在流通している小型魚の中では一番丈夫な種だと思いますのでボトルアクアリウムには最適な魚かもしれません。

アカヒレについて詳しくは以下の記事で紹介しています。

最強の小型観賞魚アカヒレ(コッピー)の特徴を紹介

アカヒレは非常に丈夫な種な魚として知られコッピーの愛称で売られていることもあります。 コッピーとは「 ...

続きを見る

メダカ


チャームで詳細を見る

メダカは日本の魚なので日本の四季に対応し屋外で飼育されることが多いこともあり基本的にヒーターを必要とせず越冬が出来ます。

また水温以外にも基本的には非常に丈夫な魚なので小型容器で飼育が可能な種としても定番な魚です。

色のバリエーションも多いので好みの色を選べます。

但しオスとメスがいれば簡単に繁殖するのでボトルアクアリウムで無闇に殖やしてしまうとその容器で飼育することが難しくなりますのでそこだけ注意したいです。

メダカについて詳しくは以下の記事で紹介しています。

メダカ飼育の基本知識まとめ!メダカの特徴や繁殖方法など

メダカは日本原種の淡水魚で全国各地の水田などにも生息しています。金魚同様、日本人に凄く親しみがある観 ...

続きを見る

ベタ


チャームで詳細を見る

ベタはタイ原産の熱帯魚で改良品種が盛んな非常に人気がある魚です。

ベタは他の魚にはエラ呼吸以外にも空気中の酸素も吸うことが出来る珍しい魚で非常に酸欠に強いことが特徴です。

また基本的に単独飼育が推奨される種なので上の画像のような環境で飼育される場合が非常に多いです。

しかし高水温には強いですが20度以下の水温では飼育が出来ないので注意です。

室内の温度を上げるかパネルヒーター等で加温することが飼育の条件となります。

ベタについて詳しくは以下の記事で紹介しています。

美しい闘魚 ベタの飼い方や注意点まとめ

今回はどこのアクアショップでも売られている定番の人気熱帯魚、ベタの飼い方についてまとめました。 丈夫 ...

続きを見る

ブラックネオンテトラ


チャームで詳細を見る

丈夫なテトラの仲間の中でも特に丈夫なのが本種。

性格も温和なので飼いやすい入門種としても知られます。また低水温に強いと言われることも多いです。(確実に飼育したいのであれば20℃を下回ったら加温した方がいいです)

ゼブラ・ダニオ


チャームで詳細を見る

ゼブラ・ダニオはインド原産のコイ科の熱帯魚で非常に丈夫なことから入門種として良く紹介される魚です。

この魚は丈夫ではあるのですが最大で5cm程度と結構大きくなるのと水中内を活発に泳ぎ回るのでボトルアクアリウムに入れるとしても小数で飼育する方が好ましいです。

性格は穏やかなので混泳に関しては特に気を使わなくて大丈夫です。

 

コリドラス・パレアタス


チャームで詳細を見る

コリドラスはナマズの仲間で全体的に丈夫な種ですが中でも特に丈夫と言われるのが通称青コリとも呼ばれるコリドラス・パレアタスです。

特に低水温に強く室内であればヒーター無しでも越冬は可能だと思われます。

但し高水温には強いとは言えないので夏場は水温が30℃を越えないように置く場所等を工夫する必要があります。

ミナミヌマエビ


チャームで詳細を見る

ミナミヌマエビは日本や台湾などに生息する透明のエビで水槽のコケ取り要員としても馴染みが深いエビです。

また低水温に強く屋外でも越冬は可能な程で水草を入れておけば餌をあげる必要は基本的にありません。

ということでボトルアクアリウムとの相性も良くコケを食べている姿もかわいいのでオススメです。

但しミナミヌヌマエビは非常に繁殖しやすいエビなのでメダカと同様無闇に殖えてしまうことがあります。

魚ほど水を汚さないので水量に余裕があればある程度殖えても大丈夫ですが過密飼育になってしまうと酸欠等で死んでしまうこともありますので注意して下さい。

チェリーシュリンプ


チャームで詳細を見る

前項のミナミヌマエビと近縁な種のエビでミナミヌマエビと同じような感覚で飼えます。

チェリーシュリンプはカラーバリエーションが豊富で赤・黄・オレンジ・青などカラフルな改良品種が売っています。

水草との相性も良くチェリーシュリンプを入れるだけで一気に華やかなボトルアクアリウムになります。

生体を飼育する時の注意点

今回紹介した生き物達はいずれも丈夫であることが共通していますがそれでも以下のことに注意して飼育して下さい。

  • 水量は魚一匹につき1リットル以上が理想(エビは数匹まではok)
  • 水換えを週に1~2回、1/3程度行う
  • 餌をあげすぎない
  • 水温を急変させない(直射日光が当る場所に置かない)
  • フタを密閉しない(酸欠予防のため)

いくら丈夫といえど厳しめな環境には変わりありませんのでマメな世話を行いなるべく長く生きてもらえるように少しの手間を惜しまないことがボトルアクアリウムでは求められると思います。

また水温については今回ベタを除き低水温にも強い魚達を紹介しましたが確実に飼育出来るという保証はありませんのでご注意下さい。

出来れば20℃~30℃以内で飼ってあげた方が良いに越したことはありません。

ボトルアクアリウムは器具を使用しないことも魅力の一つだとは思いますのでその塩梅が難しい所ですが容器の下に敷くパネルヒーター等は目立ちにくいですから適材適所で器具を使用するのもオススメです。

 

-ボトルアクアリウム

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.