熱帯魚

まるで宝石のような綺麗な体色の小型熱帯魚まとめ

更新日:

今回は水槽の中で体がキラキラと光る小さな熱帯魚をピックアップしました。

その中でもこの記事では小型水槽でも飼えるサイズが小さい魚たちを選びましたのである程度の数を水槽に入れることが出来ます。綺麗な魚が群れをなして泳ぐ姿はアクアリウムをやっていて最高の瞬間とも言える光景なので参考にしてみて下さい。

 

グリーンネオンテトラ

icon icon
チャームで詳細を見る
icon

グリーンと名前がついていますが清涼感がある青いラインが特徴の小型カラシンです。ネオンテトラやカージナルテトラと良く似ていますが、それらの魚より若干小型で赤い部分が無い(薄い)部分で区別します。シンプルで綺麗な熱帯魚の代表とも言える魚で基本的には丈夫で性格な温和なことから初心者でも飼いやすい魚でもあります。

グリーンネオンテトラの赤い部分は産地や環境で個体差がありますが、どうせグリーンネオンを飼うなら赤い部分が無い方がいいと思うので(好みにもよりますが)購入する際はその部分に注目して選んだ方がいいかもしれません、

 

ファイアーテトラ


チャームで詳細を見る

レッドテトラとも言われ赤い体色を帯びた小型熱帯魚です。赤というよりも朱色という表現の方が正確かもしれませんが、この魚も丈夫で綺麗な熱帯魚の代表的な種の一つと言えます。お店でファイアーテトラを見ると体色が薄く若干地味な印象を受けるかもしれませんが、それは状態が仕上がってなからで、この魚はいい環境で飼い込んでいくとどんどん色が濃くなっていき買った時とは見違える濃いオレンジ色のような美しい色になります。

販売されている熱帯魚の中でも特に安価な方なので是非一度は飼ってみて変化を楽しんで欲しい熱帯魚です。

 

ゴールデンテトラ

icon icon
チャームで詳細を見る icon

名前はゴールデンですが銀色の体色を帯びた小型カラシンで状態が良いと体の中心に薄いブルーのラインが入ります。シルバー色の魚は他にもいますがゴールデンテトラは特に光沢がある銀色をしているので照明があたると銀色がかなり光って見えます。他のテトラ同様、丈夫で混泳も問題無い種なので飼いやすい魚ですので初心者にもオススメです。

 

グローライトテトラ


チャームで詳細を見る

体の中心を走るオレンジ色のラインが特徴的なテトラです。単体で見ると地味に感じるかもしれませんがまとまった数をやや暗め水槽で泳がすとオレンジのラインが浮かび上がりとても綺麗です。他のテトラ同様、水質、混泳にはうるさくなく飼いやすい種です。

 

ミクロラスボラ・ブルーネオン


チャームで詳細を見る

体色がライムグリーンや青色に光る非常に美しい最大3cn程度のコイ科の熱帯魚です。照明を体に当てるとメタリックグリーンに光るのですがその瞬間が本当に美しく小型熱帯魚の中でもトップクラスではないでしょうか。この魚は鑑賞性はとても高いのですが低phで新鮮な水を好むことから水質を選ぶタイプで長期飼育が難しいと言われる種の熱帯魚です。

またかなり活発に水槽上層を高速で泳ぐことから水槽から飛び出ししやすい側面もあります。このようにミクロラスボラ・ブルーネオンは若干上級者向けな魚ではありますが、この体色が気に入った人は是非飼育に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

ボララス・ブリジッタエ


チャームで詳細を見る

ボララスの仲間は成魚でも2cm未満のため特に小型水槽に向いている熱帯魚です。その中でもボララス・ブリジッタエは一番美しい種だと言われ人気がある魚です。飼育は容易ですが超小型魚の為、出来れば単独飼育で水質を弱酸性に保ってあげると非常に濃い美しい赤色を引き出せると思います。

 

ラスボラ・アクセルロディブルー

icon icon
チャームで詳細を見る
icon

背中の部分がメタリックブルーに染まる美しいコイ科の熱帯魚です。弱酸性の水を好み、痩せやすい面があるので若干飼育難易度は高めの魚です。特に入荷の段階で状態が悪いケースが多く購入の際にはショップの水槽の状態を良く観察しなるべくコンディションがいい店を選んだ方がいいでしょう。

 

エンドラーズ・ライブベアラー


チャームで詳細を見る

グッピーの仲間ですがグッピーよりは小型で比較的幅広い水質に対応できます。オレンジ、黒、赤、緑が入り混じる特徴的な模様をしている魚で固体によってそのパターンも様々ですがグッピー同様は非常に地味な体色です。繁殖が容易ですが増えすぎてしまうというデメリットもある為、あえて雄だけ飼という選択肢もありだと思います。

 

ブルーダイヤモンド・ラミレジィ


チャームで詳細を見る

体全体が鮮やかなブルーに光るラミレジィの改良品種です。サイズは3~5cm程度で他の小型魚と混泳させても問題ないです。同種間だとケンカを起こすこともある為、小型熱帯魚中心の水槽に一匹だけ入れても存在感があるこの魚の魅力を十分味わえると思います。

 

-熱帯魚

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.