熱帯魚

キラキラと水槽で光るテトラ(カラシン)の代表種を紹介

投稿日:

アクアリウムショップで良く販売されている綺麗な熱帯魚は~テトラという名前の最後にテトラが付く種が多いと思います。

これらはカラシン目と呼ばれる淡水魚のグループに分類される小型熱帯魚の総称です。

テトラは基本的に綺麗・丈夫・安価なことからアクアリウムでは一番人気のあるグループです。

今回はそんな代表種を皆さんに紹介したいと思います。

テトラ達の特徴

テトラは基本的に以下のような特徴を持つ種が多いです。

  • 丈夫
  • 弱酸性~中性あたりの水質を好む
  • 性格が穏やか
  • 体表が光る
  • 人口飼料で育つ
  • ギザギザした歯を持つ
  • 原産は南米のアマゾン川やネグロ川

総じて飼いやすい魚であり初心者にオススメな淡水魚です。

初心者向けなテトラ達

特に熱帯魚ショップでよく見る丈夫で綺麗なテトラ達をピックアップします。

ネオンテトラ


チャームで詳細を見る

ネオンテトラは熱帯魚、観賞魚の代表的な魚です。

丈夫・綺麗・安価・小型と初心者向けな種としても紹介されることが多いです。

正に初めての熱帯魚にピッタリな小型テトラだと思います。

ダイヤモンド・ネオンテトラ


チャームで詳細を見る

ネオンテトラの改良品種です。

写真だと分かり辛いかもしれませんがネオンテトラより目の周辺が輝きが強くダイヤモンドの名の通りネオンテトラの豪華版といった印象を受けます。

ネオンテトラ同様、丈夫で飼いやすい種でネオンテトラより若干、体高があるので郡泳させるとかなり見応えがあります。

グリーンネオンテトラ


チャームで詳細を見る

ネオンテトラと似ていますがネオンテトラの青いラインが尾びれの付け根まで入った別種でこちらも定番種となります。

上の画像では完全に赤味が無いタイプですが個体によって赤の強弱は変わります。

また飼育していくうちに赤味が弱くなる傾向があると個人的には思います。

シンプルながら美しい熱帯魚の代表種で水草レイアウトでは見る機会が多い魚です。

カージナルテトラ


チャームで詳細を見る

アマゾンの宝石とも呼ばれ簡単に言うとネオンテトラの青と赤をもっと派手にさせたのがカージナルテトラです。

カージナルテトラは水草レイアウトで最も良く使用される魚でどのような水景にも合う魚として重宝されています。

ネオンテトラより一回り大きいことからまとまった数を群泳させると非常に迫力が出る水景となります。

ファイアーテトラ


チャームで詳細を見る

レッドテトラとも呼ばれ赤系の小型テトラです。

赤と言うよりはオレンジや朱色に近い色ですが飼いこんでいくうちに色がどんどん濃くなり仕上がったファイアーテトラは非常に綺麗な発色を見せます。

お店で売っているファイアーテトラはまだ色が薄い状態のものが多いですが飼育して色を引き出す楽しみもある美魚です。

またテトラの中でも特に小型な種なので(最長で2.5cm程度)小型水槽にも適しています。

ゴールデンテトラ

icon icon
チャームで詳細を見る icon

ゴールデンと名前が付いていますが、どちらかと言えば銀色に見えるテトラです。

ゴールデンテトラはライトの光りが体に当ったときピカッと反射したと錯覚する位、綺麗に光ります。その光りが個人的には凄く気に入っています。

ブラックネオンテトラ


チャームで詳細を見る

丈夫と言われるテトラの中でも特に丈夫だと評価されているのがブラックネオンテトラです。

他のテトラのような派手さはありませんが独特の渋さを持ついぶし銀の熱帯魚で飼育に自信が無い方にもオススメできる種です。

ラミーノーズテトラ


チャームで詳細を見る

頭部が赤く染まるチャーミングなテトラです。

赤味は状態が良い程、綺麗に発色するので水質の指標にもなります。

また群泳する習性もテトラの中でも高い方なので熱帯魚の群泳を楽しみたい方にもオススメな種です。

グローライトテトラ


チャームで詳細を見る

ネオンテトラと同様良く入門種として紹介される飼いやすいテトラです。

体の中心をオレンジ色のラインが走り単独だと少し地味な印象を受けますがまとまった数を泳がせるとオレンジ色が良く映えます。

まとめ

今回は良く熱帯魚ショップで売られているテトラの定番種を紹介しました。

今回紹介した種は丈夫で性格も温和な種ばかりなので初心者にとっても非常に飼いやすいテトラ達です。

入手もし易いので是非好みのテトラを見つけて飼育してみてはいかがでしょうか。

-熱帯魚

Copyright© アクアリウムの始め方 , 2018 All Rights Reserved.